2017年01月23日

ドナルド・ジョン・トランプ第45代アメリカ合衆国大統領

 なんで事業で成功できたのかよく分からない人ですが、何はともあれ第45代アメリカ合衆国大統領になっちゃいましたね〜。
 トランプは裕福な家庭の第四子として生まれ、父が創業した不動産を継ぐこととなる。
 1885年、父はドイツのラインラント=プファルツ州カルシュタットからアメリカに移民して渡米したドイツ人フレデリック・トランプの子で、ニューヨーク州クイーンズ区の不動産デベロッパー。
 母のメアリー・アンは、スコットランドのルイス島生まれで、1930年にアメリカに渡った慈善家・主婦。トランプの両親は1936年に結婚し、5人兄妹をもうけた。
 少年期のトランプは、クイーンズ区ジャマイカ・エステートのミッドランド・パークハイウェイ沿いで暮らし、13歳までは父が運営委員を務めるフォレスト・ヒルズ地区の学校に通っていたが、素行不良のためニューヨーク・ミリタリー・アカデミー(陸軍幼年学校の1つ)に転入させられた。
 1964年からブロンクス区のフォーダム大学に2年通ったのち、不動産の専門学科があった数少ない大学であるペンシルベニア大学の経営学部(ウォートン・スクール)に転校し、1968年に経済学士号(BS (ECon))を取得して卒業した。卒業後に父親が経営するエリザベス・トランプ・アンド・サンに入社して、仕事を通じて不動産管理や投資などの知識を身につける。

 なんだかな〜。
 アメリカ全体としてはジョーカーを引いちゃったんじゃないの?
 どんな労働を世界に提供できるのでしょうか?
 蟻地獄へ落ちたように見えるが、どうなることやら。。。
 そもそも長い歴史の中で、白人が真面目に働くか?

タグ:トランプ
posted by 大翔 at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報