2008年10月04日

超特急 0系 新幹線 引退 お疲れさまでした


 王選手も昭和の顔でしたが、0系新幹線もまた昭和の顔でしたね。

 なーんとなく寂しいです。

 幼稚園のころ0系新幹線のオモチャを買ってもらってよく遊んでましたっけ^^。

 1964年、昭和39年はテレビ東京開局、ホテルニューオータニ開業、東京プリンスホテル開業、東京モノレール開業、そして10月1日に東海道新幹線が開通し、わずか10日後の10月10日からは東京オリンピックが始まりました。
 アメリカではリンドン・ジョンソン米大統領が公民権法に署名という歴史を刻んでいました。

 今年の北京五輪のように、日本もまた五輪を目指すことで発展したと言えるでしょう。もちろん公害問題と共にです。

 0系新幹線は時速220kmで走る世界一速い列車でした。正に戦後の日本の夢を乗せて走ったのです。
 海外では「超特急」や「弾丸列車」と呼ばれて波紋を広げました。

 世界が驚いたのは時速220kmだからだけではありません。
 実は高速列車を走らせるには、各分野のスペシャリストを組織化する必要があるのです。

 鉄道王国フランスは、三年後の1967年5月28日より高速列車TGSを200km/hで運転し、新幹線の開業17年後の1981年に本格的な超高速列車TGVを開発しました。営業最高速度260km/hというスピード世界一を達成し、新幹線の記録を凌駕した。

 高速鉄道は鉄道技術だけでなく、電気・機械・建設・土木・情報工学・経営・経済・人間管理・人的能力・教育・法律などの多分野にわたる非常に高度な技術を高度に結集したシステムなのです。それは即ち、一国の技術水準を評価する基準でもあり、一言で言えば「国の知的財産」なのです。

 高速鉄道は前述の通り、数多くの分野の技術やノウハウを高度に結集したシステムであるため、海外から導入した技術を基にして、自国独自の高速鉄道を短期間で開発することは不可能なのであります。たとえ開発が可能であるとしても、高速鉄道を構成する様々な要素の全てを高度化する必要や、鉄道の運営・技術に対する膨大な知識・ノウハウを有する必要があるため、非常に長い年月を要するものなのです。即ち高速鉄道とは、他国の技術をコピーして、短期間で自国技術として開発できるようなシステムではないわけです。

 日本・ドイツ・フランスのような国々が、完全な自国技術で高速鉄道を開発できたのは、上記の背景が存在し、かつそれをやり遂げたわけで、三国以外の国ではロシアが頑張っているくらいで他国は実現していません。

 現在の新幹線に使用されている様々な技術は、既にこの0系新幹線で搭載されており、1964年、日本は技術とチームワークでとんでもない事をやり遂げたのです。

 ここまで書くと、0系との別れがますます寂しくなりますね。

★蒸気機関車では時速160km営業を誇っていたアメリカでも電気式高速列車は走っていません。
 オバマ氏が民主党選でクリントンと争っていた頃チラッと話していましたが、アメリカの列車事情をふまえて、テロに利用された飛行機から安く移動できる高速列車の建設が必要だと考えているようでした。
 ただ、日本の新幹線ではなくフランスのようです。
 何でやねん!

☆この記事を書いた後、ロシアが高速列車を完成させました。

 これで、高速列車の四天王が決りましたね。


ロシアの高速列車

http://hiroto1.seesaa.net/article/109645833.html

そして中国が

http://hiroto1.seesaa.net/article/136674607.html

ついに中国が2012年開業を目指し

http://hiroto1.seesaa.net/article/171675716.html

大人の超合金 新幹線0系 バンダイ版
大人の超合金 新幹線0系 バンダイ版

大人の超合金

新幹線0系 /バンダイ版

販売価格: 59,062円 (税込)


大人の超合金 新幹線0系 バンダイ版 大人の超合金 新幹線0系 バンダイ版をカートに入れる






posted by 大翔 at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。