2008年10月12日

日本を裏切ったアメリカブッシュ(物主)大統領

米国、北朝鮮のテロ支援国家指定を解除へ

【10月11日 AFP】(一部更新)米政府は北朝鮮をテロ支援国リストから除外することを発表する方針を決め、11日にも発表する。米政府当局者が11日、AFPに明らかにした。

 この米政府当局者は匿名を条件に「われわれは(北朝鮮の核計画の)一連の検証方法について合意した。これにより、北朝鮮をテロ支援国リストから除外することが可能になった」と語った。

 この当局者によると、前日の10日、米国のコンドリーザ・ライス(Condoleezza Rice)国務長官は6か国協議に参加する各国と電話会談を行い、最終的な調整を行ったという。米国務省が11日午前11時(日本時間12日午前零時)に記者団に詳しい説明を行う予定になっている。(c)AFP

テロ指定解除:対北朝鮮で米政府が発表 核検証計画に合意
 【ワシントン草野和彦】米国務省は11日午前11時(日本時間12日午前0時)、北朝鮮のテロ支援国家指定解除を発表した。北朝鮮が申告した核計画の検証をめぐる対立で先送りしていた指定解除をしたことで、北朝鮮は寧辺(ニョンビョン)の核施設再稼働に向けた作業を中断し、核施設無能力化を再開するとみられる。解除に慎重な対処を求めていた日本政府は押し切られた形だ。

 指定解除は、米朝が検証計画で合意したことを受けた措置。米国が当初目指していた「厳格な検証」は北朝鮮への譲歩から大きく後退し、核開発計画の全容把握は困難になったといえる。非核化プロセスが進展するかも依然不透明なままだ。来年1月に任期が切れるブッシュ政権は、北朝鮮との関係悪化防止を優先したと言える。

 合意内容は明らかではないが、関係筋によると核兵器の原料になるプルトニウムの生産実態の検証を最優先し、北朝鮮の核申告に記載された施設約15カ所だけを当面の対象とする。米国が求めていた「すべての施設」の検証は見送られ、対象拡大には北朝鮮の同意が必要となる。

 検証作業でも、サンプル採取など「国際標準」の実施は、北朝鮮の強い反発を受けてあいまいになった模様で、北朝鮮が作業に干渉する余地を残したとみられる。

 高濃縮ウラン計画、シリアなどへの核技術移転問題も対象外で、将来的に北朝鮮が検証を受け入れる可能性は極めて低い。

 ブッシュ大統領は今年6月26日にテロ支援国家指定解除を米議会に通告。指定解除が発効する8月11日までに北朝鮮が「厳格な検証」の受け入れを拒んだため先送りした。これに北朝鮮が反発し、6カ国協議の合意に基づく核施設の無能力化を中断。核施設の復旧作業を進めていた。米国は同協議首席代表のヒル国務次官補を今月1〜3日訪朝させ、検証内容で北朝鮮と基本合意した。(毎日jp)


 ブッシュだよね〜。

 いっつもその場しのぎトーク。

 やりきれなくなると戦争!

 日本の拉致問題に気をつかっているフリをしたのは、お金の為でしょう。


posted by 大翔 at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

米国のテロ支援国指定解除 どうする対北朝鮮
Excerpt: オツカレです。 米国がとうとう北朝鮮に対してテロ支援国指定を解除した。 [ソウル 12日 ロイター]北朝鮮、核施設の無能力化プロセス再開など表明  朝鮮は12日、米国が北朝鮮に対するテロ支..
Weblog: ハズレ社会人
Tracked: 2008-10-14 12:29
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。