2008年11月04日

小室哲哉氏:関連会社に著作権「二重譲渡」…数億円借金


 音楽著作権を巡る詐欺疑惑が浮上した小室哲哉・音楽プロデューサー(49)が、既に音楽出版社に譲渡していた一部楽曲の著作権を自分の関連会社に「二重譲渡」していたことが大阪地検特捜部の調べで分かった。さらに、その著作権を担保に数億円の借金をしていたことも判明。特捜部は、小室プロデューサーがなりふり構わず著作権を悪用していたとみており、5億円詐欺疑惑とともに実態解明を進める。

 二重譲渡の疑惑があるのは、小室プロデューサーが作詞や作曲をした計34曲。96〜97年に発売され、200万枚を超える売り上げを記録した安室奈美恵さんの「CAN YOU CELEBRATE?」やglobeの「DEPARTURES」などのヒット曲が多数含まれている。

 特捜部によると、これらの曲は楽曲を管理する音楽出版社が著作権を保有する。ところが小室プロデューサーは自らが著作権を持っているように装い、知人が経営し、自らも役員を務める音楽関連会社などに著作権を譲渡した形で文化庁に登録していた。

 文化庁への登録は義務ではなく、一般的に音楽出版社が登録するケースは少ないという。出版社は小室プロデューサーから譲渡を受けた際、登録していなかった。ただ文化庁著作権課によると、同じ曲の著作権が二重譲渡された場合、同庁に登録している方が法的に有効という。

 特捜部は、小室プロデューサーが音楽関連会社を経営する知人に借金していたことをつかんでおり、文化庁の登録制度を悪用して、不正な権利移転を図ったとみている。

 小室プロデューサーは、00年ごろから人気にかげりが出て、アジアのアーティストを発掘する事業などを始めたがうまくいかずに負債を抱え、最近は音楽出版社が持つ楽曲の著作権を、金融業者などに勝手に担保として差し出していたという。

【藤田剛、林田七恵】

 ◇推定年収20億円…2年連続長者に
 小室哲哉プロデューサーは84年にデビューした。渡辺美里さんに提供した「My Revolution」が86年の日本レコード大賞金賞を受賞。90年代には華原朋美さん、安室奈美恵さんらをプロデュースし、ダンス音楽に女性ボーカルを乗せた「小室サウンド」で、ポップ音楽界を席巻した。

 96、97年の高額納税者番付で連続で全国4位になり、推定年収20億円と言われた。

 その後、00年7月に開かれた九州・沖縄サミットでは、当時の故小渕恵三首相の依頼でイメージソングを制作。01年には吉本興業とマネジメント契約を結んだが、07年に契約終了した。(毎日.jp)

 
 人生ですね〜

 今日にも逮捕されそうです。

 お金の使い方が解らなかったんでしょう。

 お金に振り回されたら、いい曲は書けませんね。

 お金と時間と心の使い方は同じです。ちょっとタイムラグが起こるだけ。

●どうやら逮捕されたようです。
 最後が詐欺とはね〜♪
 器以上の大金をつかむとこうなるよね。
 
 足下を掘れ!
 本当の才能は天から与えられるものではな〜いわーい(嬉しい顔)
posted by 大翔 at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)