2008年11月04日

黒人初!08F-1を制したのはルイス・ハミルトン


【11月3日 AFP】F1、レッドブル(Red Bull)のデビット・クルサード(David Coulthard)は、引退レースとなった08F1第18戦ブラジルGP(Brazilian Grand Prix 2008)決勝がスタートからの第1コーナーで終わってしまったときには、「むなしい」気持ちになったと語った。

 マクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)がファイナルラップ最終コーナーでの劇的な追い抜きでドライバーズタイトル年間王者を獲得した一方で、37歳のクルサードは、本来望んでいた姿を思い浮かべながら去っていった。

 クルサードは、自身がF1デビューを果たしたウィリアムズ(Williams)の2台との接触ではなく、できるだけ長く、そして大きな満足の得られる引退レースをしたかったと認めた。

 ウィリアムズのニコ・ロズベルグ(Nico Rosberg)にスピンに追い込まれたところをロズベルグのチームメイト、中嶋一貴(Kazuki Nakajima)に追突され、クルサードの15年247戦に及ぶキャリアは、幕を下ろした。

 1994年のスペインGPで故アイルトン・セナ(Ayrton Senna)氏の後を引き継ぎウィリアムズでキャリアをスタートさせたクルサードは、アドバイザーとしてレッドブルに残ることになっている。(c)AFP
posted by 大翔 at 08:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)