2008年11月16日

猿より知恵が無いアメリカ 月はアメリカのものではない!

領有の禁止

【11月16日 AFP】火葬後の遺灰を地球の軌道に散布する宇宙葬の米国の専門会社が、小型カプセルに遺灰を詰めて月に安置する「月面墓地」の予約を開始した。

 AFPの取材にメールで答えた米宇宙葬会社セレスティス(Celestis)のチャールズ・M・チャーファー(Charles M. Chafer)社長によると、同社による月面の一般顧客向け墓地は2010年初頭にも実現される。すでに同社は遺灰を納めたカプセル5000個を月面に送る能力を持っているという。

 チャーファー社長は、月面に遺灰を安置する通常の墓地のような施設を作り、いつの日か遺族が訪れることができるようにしたいと思い描いている。
 
 月までの遺灰の搬送については、すでにオデッセイ・ムーン(Odyssey Moon)とアストロボティック・テクノロジー(Astrobotic Technology)という商業ロケット打ち上げ会社と契約済みだ。

 セレスティスのウェブサイトによると、月までの搬送料は遺灰1グラムにつき9995ドル(約97万円)となる予定だ。(c)AFP/Juan Castro Olivera


 この底知れぬ阿呆(人間の心を忘れた人)ども、第三次世界対戦の引き金になるぞ!

 ↓やはり、基本は創世記なのか?
http://hiroto1.seesaa.net/article/107471131.html


〜カンタン豆知識(カンタンでもないけど)〜宇宙法〜

 宇宙法(うちゅうほう)とは、宇宙空間とその利用に関する国際法規則の総称。国家の主権が大きく制限されるところに特徴がある。
 諸条約や国連総会決議を中心に構成され、慣習法の要素は少ない。その理由としては宇宙開発技術の発達が急激であったために法整備が急遽行われたこと、また当初は宇宙活動をすすめる国がごく少数であったために条約の制定が比較的容易であったことがあげられる。一方で宇宙空間の探査・利用の自由、領有の禁止といった原則はすでに慣習法的性格を持っていたとする考えもある。
 宇宙法の中核をなすものは1967年の宇宙条約である。

〜宇宙条約〜

★歴史

 1957年10月、ソビエト連邦は人類初の人工衛星スプートニク1号を打ち上げた。翌58年1月にはアメリカ合衆国も人工衛星エクスプローラー1号を打ち上げ、人類の宇宙活動は急速に展開することになった。
 宇宙空間においては当初から各種の人工衛星など実用目的の活動、さらには軍事的利用が予想されたので、宇宙空間における法秩序の形成が急務となった。
 1959年に国連宇宙空間平和利用委員会が設置され、米ソ宇宙開発競争のなかで立法作業が急ピッチで進められた。いくつかの原則宣言の採択を経て、1966年に宇宙活動の基本原則を規定した宇宙条約(月その他の天体を含む宇宙空間の探査及び利用における国家活動を律する原則に関する条約)が国連で採択された。

 探査・利用の自由、領有の禁止、平和利用といった原則はこの時に確立された。

 1970年代に入ると米ソ以外にも多数の国が宇宙開発に参入し、通信衛星など商業利用が推し進められていった。
 1973年には国際電気通信衛星機構(インテルサット)が設立されるなど、各国間で通信衛星の運用管理が行われた。
 一方で静止軌道や通信衛星の利用をめぐって新たな対立が見られるようにもなった。特に直接放送衛星による番組送信、リモートセンシングにおける規制の是非については国連で原則が採択されたものの、いまだに条約化には至っていない。
 今日では商業化はさらに加速され、民間の参入も多く見られるようになった。そのため国内法の整備が欠かせないものとなってきている。また国家間の規定だけでなく、宇宙空間における共通私法を模索する動きもある。

〜主要な条約・原則〜

●条約

 月その他の天体を含む宇宙空間の探査及び利用における国家活動を律する原則に関する条約(宇宙条約)

 1966年12月19日採択、1967年10月10日発効。

 宇宙活動における一般原則を規定。

 宇宙飛行士の救助及び送還並びに宇宙空間に打ち上げられた物体の返還に関する協定(宇宙救助返還協定)

 1967年12月12日採択、1968年12月3日発効。

 事故、遭難又は緊急着陸の場合に宇宙飛行士の救助・送還、および物体の返還を定めている。宇宙条約5条・8条の規定を具体化したもの。

 宇宙物体により引き起こされる損害についての国際的責任に関する条約(宇宙損害責任条約)

 1971年11月29日採択、1972年9月1日発効。

 宇宙物体によって何らかの損害が引き起こされた場合、物体の打ち上げ国は無限の無過失責任を負う。宇宙条約6条・7条の規定を具体化したもの。

 宇宙空間に打ち上げられた物体の登録に関する条約(宇宙物体登録条約)
 1974年11月12日採択、1976年9月15日発効。

 宇宙物体の識別を目的としたもの。打ち上げ国は登録簿への記載、国連事務総長への情報提供が義務づけられる。

 月その他の天体における国家活動を律する協定(月協定)

 1979年12月14日採択、1984年7月11日発効。

 天体の利用、開発には人類の共同遺産の原則が適用されるとし、国家や私人の領有を明確に否定。また天体での活動における諸原則を再確認している。
 批准・署名国はごく少数にとどまっている。

〜原則(国際連合総会決議)〜

 宇宙空間の探査と利用における国家活動を律する法原則に関する宣言 - 1963年採択
 国際的な直接テレビジョン放送のための人工地球衛星の国家による使用を律する原則(DBS原則) - 1982年採択

 リモートセンシング法原則宣言 - 1986年採択

 宇宙空間における原子力電源の使用に関する原則 - 1992年採択など。

  参考資料 Wikipedia

 多分この阿呆どもは、月は誰のものでもないから、先に既成事実をつくれば自分のものになると思っているのだろう。

 どうしてこんなに阿呆なんでしょうか?

 何故アメリカの法律が国際法だと思うのでしょうか?

 自分の頭に雨が降ると世界中で雨が降っていると思い込む次元の低さは、まず治りませんね。

 救いようがない。

 勝手な思惑で、勝手に月に墓地建設をするのは違法です。

 誰でもいいから殺したかったという人殺しと同じ次元です。


posted by 大翔 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。