2008年12月01日

タイで政府支持派の団体が大規模な集会、対立団体の衝突に懸念。



【12月1日 AFP】タイの首都バンコク(Bangkok)の中心部で30日、政府支持派のグループが大規模な集会を開いた。空港の占拠を続けている反政府団体、「民主市民連合」(People's Alliance for Democracy、PAD)と衝突する懸念が高まっている。

 集会はPADが8月から占拠している首相府の近く、30日未明に手りゅう弾による攻撃で支持者49人が負傷した場所から約5キロ離れた場所で始まった。警察によると、30日の夜までに約1万5000人の政府支持者が集まったが、混乱はなかったという。

 赤シャツ(Red Shirts)として知られるこのグループのリーダー、Jatuporn Prompan氏は、民主主義的な制度を守り、暴力による政権転覆に反対するための集会だと語った。このグループは4日まで集会を続けるとしている。

 反政府団体がバンコクの2か所の空港の占拠を続けていることから、タクシン・シナワット(Thaksin Shinawatra)元首相が政権から追われた2006年のクーデターが再現されるのではないかとの不安が広がっている。しかし、状況が行き詰っていることから、反政府派政府支持派の双方が今週予定されている2つのイベントを待っているのではないかとの見方も出ている。

 憲法裁判所は2日、連立与党を組んでいる国民の力党(People Power Party、PPP)ら3党が、前年の下院選挙で不正を行ったとされる事案の審理を終える。憲法裁は各党の解散とソムチャイ・ウォンサワット(Somchai Wongsawat)首相ら党幹部の政治活動を禁止する命令を出す可能性がある。さらに、国民から深く敬愛されているプミポン・アドゥンヤデート(Bhumibol Adulyadej)国王は、誕生日の前日にあたる4日にスピーチをすることになっている。(c)AFP


↓関連記事集(反政府団体)
http://hiroto1.seesaa.net/article/110367128.html
posted by 大翔 at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)