2008年12月06日

木星の5倍の太陽系外惑星、オランダの学生が発見


【12月6日 AFP】オランダのライデン大学(Leiden University)の学生グループが、研究活動中に太陽系外の新惑星「OGLE-TR-L9b」を発見し、話題となっている。

 この新惑星は大きさが木星の約5倍もあり、高速で自転する高温の恒星の周りを2.5日で公転するが、高速で自転する高温の恒星を公転する惑星が発見されたのは初めて。

 また、恒星との距離が太陽-地球間のわずか3%と近距離にあるため非常に高温だが、恒星自体も惑星を持つものとしては、これまでに発見された中で最も高温だという。(c)AFP


 へ〜、でかい惑星ですね。

 気体なんでしょうか?


posted by 大翔 at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。