2008年12月10日

「グローバルゼロ」核兵器廃絶めざす世界規模の活動、パリで創設



【12月10日 AFP】世界の政治や軍事、経済、市民活動などの有識者およそ100人が9日、フランス・パリ(Paris)で核兵器の廃絶を目指す新たな運動「グローバルゼロ(Global Zero)」を創設した。

「グローバルゼロ」宣言は、目標の日程までに核兵器を廃絶するため、検証可能で拘束力を伴う合意を呼びかけるもので、過去30年間の世界の外交政策における要人らが支持を表明した。

 グローバルゼロは会合後に声明を発表し、「核拡散や核テロの脅威を前に、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)首相やバラク・オバマ(Barack Obama)次期米大統領など各国政府指導者らは、核兵器廃絶を求める声を強めてきた」と述べた。

「グロバールゼロ」宣言には、旧ソ連のミハイル・ゴルバチョフ(Mikhail Gorbachev)元大統領やスウェーデンのカール・ビルト(Carl Bildt)外相、ジミー・カーター(Jimmy Carter)元米大統領、バングラデシュのノーベル平和賞受賞者ムハマド・ユヌス(Muhammad Yunus)氏、南アフリカのノーベル平和賞受賞者デズモンド・ツツ(Desmond Tutu)元大司教、アラブ連盟(Arab League)のアムル・ムーサ(Amr Moussa)事務局長らが署名した。

 また、インド軍、パキスタン軍の元司令官らも参加。中国からは、軍事研究機関の戦略担当者で人民解放軍(People's Liberation Army、PLA)の元少将Peng Guangqian氏など、複数の有力な元外交官らが出席した。

「グローバルゼロ」のウェブサイト(www.globalzero.org)では、有識者らが署名したものと同じ宣言文に誰でも署名することができる。(c)AFP

 何でフランスだったんだろう?

 それはともかく、このまま前進して欲しいですね。

 核廃絶と同時にこころの教育を考えましょう。

 
posted by 大翔 at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)