2008年12月23日

エジプトの「階段ピラミッド」付近で4300年前の墓発見



【12月23日 AFP】エジプト考古最高評議会は22日、カイロ(Cairo)南方のサッカラ(Saqqara)で、4300年以上前の古代エジプト時代の墓2基が発見されたと発表した。

 墓は、世界最古とされる古代エジプト・ジョセル王の「階段ピラミッド」から南西約400メートルの共同墓地で見つかった。エジプト文化相は11月、同地域で4300年前のピラミッドの土台が見つかったと発表していた。

 同評議会のザヒ・ハワス(Zahi Hawass)事務局長によると、墓の1つは古代エジプト第5王朝の最後の王ウナス王に使えていた男性のもので、カイロ近くのToraなどの採石場を監督していたとみられる。もう1つは、ウナス王の歌手団の監督の墓だという。(c)AFP


 知った気になっているだけで、まだまだ発見されてない事実ってあるんでしょうね〜^^


posted by 大翔 at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。