2009年01月04日

2008年の米兵死者数、アフガニスタンで増加 イラクで過去最少


【1月3日 AFP】独立系ウェブサイト「icasualties.org」によると、2008年の米兵の死者数はアフガニスタンでは2001年の侵攻後最も多かったが、比較的治安が改善されたイラクでは過去6年で最も少なかったことが分かった。

 これによると2008年にイラクで死亡した米軍兵士は、2003年のイラク戦争開始以来最悪を記録した2007年の904人の約3分の1の314人だった。イラク戦争で死亡した米兵は合計で4221人となったという。

 しかし旧政権のイスラム原理主義組織タリバン(Taliban)や国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)が勢いを取り戻しているアフガニスタンでは傾向はまったく逆で、2007年に117人だった米兵の死者数は2008年には155人に増加した。2001年のアフガニスタン侵攻開始以来の米兵の死者は合計で630人だという。

 米政府は3万人を増派してアフガニスタン駐留軍を増強する方針だが、アフガニスタンでの米兵の犠牲者が今後も増える恐れがあることは、米軍幹部も暗に認めている。(c)AFP/Daphne Benoit

 殺した数は何人でしょう?


posted by 大翔 at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。