2009年01月10日

サインツが総合首位に浮上 三菱はペテランセルがリタイア、ダカールラリー



【1月10日 AFP】ダカールラリー2009(Dakar Rally 2009)四輪部門第7ステージ(メンドサからバルパライソ、競争区間419キロメートル、総距離816キロメートル)。フォルクスワーゲン(Volkswagen)のカルロス・サインツ(Carlos Sainz、スペイン)は、2時間35分27秒を記録してステージ優勝を飾り、合計タイム23時間42分40秒で総合首位に立った。

 サインツが第7ステージを制したフォルクスワーゲンは優勝への道をたどり、通算9度の優勝を数えるステファン・ペテランセル(Stephane Peterhansel、フランス)がリタイアとなった三菱(Mitsubishi)は大きな打撃を受けた。

 前回(2007年)王者のペテランセルは、エンジンの故障により今大会三菱3人目のリタイアとなり、第7ステージ最大の犠牲者となった。

 これにより8日の第6ステージで2006年大会を制したリュック・アルファン(Luc Alphand、フランス)が、第1ステージで2002年と2003年大会を制した増岡浩(Hiroshi Masuoka)が姿を消している三菱の大会8連覇への望みは事実上消滅した。
 
■四輪部門第7ステージ結果

1位:カルロス・サインツ(スペイン)/フォルクスワーゲン - 2時間35分27秒
2位:マーク・ミラー(Mark Miller、米国)/フォルクスワーゲン - 2時間39分08秒
3位:ロビー・ゴードン(Robby Gordon、米国)/ハマー(Hummer) - 2時間39分40秒
4位:ホアン・ナニ・ロマ(Joan Nani Roma、スペイン)/三菱 - 2時間41分04秒
5位:ゲレイン・シシェル(Guerlain Chicherit、 フランス)/BMW - 2時間41分35秒

■四輪部門総合順位(第7ステージ終了)

1位:カルロス・サインツ(スペイン)/フォルクスワーゲン - 23時間42分40秒
2位:ジニール・ドゥビリエ(Giniel de Villiers、南アフリカ)/フォルクスワーゲン - 23時間42分49秒
3位:マーク・ミラー(米国)/フォルクスワーゲン - 23時間56分33秒
4位:ホアン・ナニ・ロマ(スペイン)/三菱 - 24時間11分56秒
5位:ビー・ゴードン(米国)/ハマー - 24時間51分01秒

(c)AFP/Emmanuel Pionnier
posted by 大翔 at 12:27 | 青森 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)