2009年01月13日

ついに2次補正と定額給付金が衆院予算委員会を通過

 ついに定額給付金&08年度第2次補正予算案が衆院予算委員会で可決。参院に送られることとなった。
 いつものように民主党などは「審議が不十分」として採決に反対し、本会議の採決時に退席する方針。

 定額給付金の撤回などを求める自民党の渡辺喜美が離党。

 渡辺は「政治は国民のもの」とし、麻生批判をしているが、政治が国民から離れているのはずっと以前からでしょう。

 国民の為を思うのなら離党までして定額給付金に反対して欲しくなかったですね。
 定額不給金に反対している民主やその他も含め、ではどうするのかを明確にし、実行可能かどうかをハッキリ示すべきである。

 今国民は、現実に苦しんでいるのです。

 
 


posted by 大翔 at 15:06 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。