2009年01月25日

千秋楽 大相撲・賜杯を手にする朝青龍 ホイロクのスープ

<大相撲初場所>◇千秋楽◇25日◇東京・両国国技館

 横綱朝青龍(28=高砂)が優勝決定戦の末に横綱白鵬(23=宮城野)を寄り切りで下して復活優勝を飾った。これで朝青龍の優勝回数は23回となり、貴乃花の22回を抜いて単独4位となった。

 優勝インタビューで「朝青龍が帰ってきました」とファンに報告すると、館内は拍手喝采(かっさい)。場所前は進退問題も浮上していただけに、武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)も「精神力がすごいとしか言いようがない」と脱帽していた。


nikkansport.com

 星取表はこちら
 ↓
http://www.nikkansports.com/sports/sumo/score/sm-star.html

優勝賜杯を手に関係者に祝福される朝青龍。横綱審議委の海老沢委員長は「いろいろあったが、復活は評価していい。28歳、まだまだ活躍できる。今後はもう少し大人の言動を」と語った(25日、東京・両国国技館) 【時事通信社】

http://www.afpbb.com/article/sports/sports-others/sports-others-others/2563279/3722956

超カンタン豆知識〜ホイロク〜

 ホイロクは標高2000メートル以上にすむ鳥で「チンギス・ハン時代には、食べた兵士がほかの兵士に内緒にしてた」ほどの貴重品だという。一説によるとチンギス・ハンが戦いに出る前に「ホイロクを食べたものはいないか?」と問い掛け、一人の男が前に出ると殺されてしまい、皆でその男の肉を分け合ったとう。どこまでも伝説かもしれないが、それほど貴重な鳥であったのだろう。
 現在は今回の朝青龍のように、治療目的で手に入るものの、治療以外の目的では狩りも許可されてないようである。
 やはり貴重な鳥である事にはかわりないようだ。


posted by 大翔 at 23:34 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。