2009年01月28日

中国軍の『国際貢献』は増加へ、国際戦略研究所


【1月28日 AFP】英国のシンクタンク、国際戦略研究所(International Institute for Strategic Studies、IISS)の専門家は27日、各国の軍事力や地域情勢をまとめた年次報告書「ミリタリー・バランス2009(Military Balance 2009)」を発表した。

 世界銀行(World Bank)は中国の成長率は1990年以来最低となると予測しているが、IISSの専門家は中国が領域外への部隊派遣を拡大する一方、経済減速にもかかわらず防衛費を削減する見通しは低いとの見通しを示した。 

 IISSの国際脅威・政治危機部門の責任者Nigel Inkster氏は、ソマリアの海賊から自国の船舶を保護するためアデン湾(Gulf of Aden)に海軍艦艇を派遣したことに触れ、「今後もそのような『国際貢献』が行われる」と予測した。

 中国はソマリア沖に駆逐艦2隻と補給艦1隻を派遣しているが、同国が領海外で戦闘の可能性がある任務に海軍を派遣するのは数世紀ぶり。(c)AFP


 昨年だけで111件発生した海賊問題。

 日本でも今日、海上自衛隊を派遣する事に決めた。

 はたしてどうだろう?

 海賊が現われる本当の理由は何なのでしょうか?

 根本的な解決が無い限り、また無駄な血が流れるんでしょうね。

 

 


posted by 大翔 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。