2009年02月07日

1月の米失業率、7.6%に悪化 雇用は59万8000人減


【2月7日 AFP】米労働省が6日発表した1月の雇用統計によると、失業率は7.6%となり、1992年以来最悪となった。また、景気動向を最も端的に示す指標の1つとされる非農業部門の就業者数は前月比で59万8000人減少し、74年以来の減少幅となった。

 労働省はまた、12月の失業者数見積もりを52万4000人から57万7000人に修正した。

 就業者数は、景気後退入りした2007年12月から360万人減少しているが、そのうち約半分が過去3か月に集中している。また、70万人以上が職探しを止めたことにより、労働力人口は1160万人となった。

 製造業は1月、20万7000人の雇用を削減し、1か月の削減幅としては82年10月以来最大となった。

 そのほかの産業については、建設業で11万1000人、小売業で4万5000人の減少となっている。金融業では約1か月で4万2000人減少し、06年12月から38万8000人減ったことになる。一方、医療や政府関連分野では就業者数は増加している。(c)AFP


posted by 大翔 at 01:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。