2009年02月11日

イラン大統領、米国との対話に言及 イラン革命30周年記念式典で


【2月11日 AFP】イランのマフムード・アフマディネジャド(Mahmoud Ahmadinejad)大統領は10日、首都テヘラン(Tehran)で行われたイラン革命30周年記念式典での演説で、30年近く断絶状態にある米国との関係について、「公平で互いを尊重する環境」で対話を行う用意があると語った。

 米国の支援を受けた王制を崩壊させたイラン革命から30年目を迎え、式典の行われたテヘランの街頭では、数万人の人びとが反米スローガンを叫んだ。(c)AFP


posted by 大翔 at 04:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。