2009年02月18日

イランの法律は、死刑の次はなんだろう?


【2月18日 AFP】イラン司法当局は17日、未成年犯罪者に対する刑罰を緩和する法案をまとめた。殺人を犯した未成年でも、「犯した罪の性格を理解できないと判断された場合」や「成熟度や物事の識別能力に疑問点がある場合」には、死刑の適用を難しくする方向だという。

 議会の司法委員会は、現行刑法の改善を目指した同法案を、大筋で承認した。

 イランの現行刑法は、法的責任が課せられる最少年齢を、女児は9歳、男児は15歳と定めている。人権活動家らは、イラン政府に対し、児童の権利に関する国際条約を順守し、18歳になる前に罪を犯した犯罪者を死刑にしないよう繰り返し求めてきた。

 人権団体によると、イランでは過去2年間で18歳未満の犯罪者17人の死刑が執行されている。(c)AFP/Hiedeh Farmani


 どーでしょーねー

 これだけでは判断出来ないな〜

 イランでは、死刑お次はどうなっているんだろう?

 日本では「無期懲役」という名ばかりの罰なのだが、日本と同じようなら危険かも知れませんね。

 犯罪者の人権と社会に住む人々の人権と両方守るなら、無期懲役なのだが、中身が伴わないと、また犠牲者が出てしまうよね。


 
posted by 大翔 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)