2009年02月21日

「人権が重要問題での進展を妨げてはならない」、クリントン長官が中国到着



【2月21日 AFP】ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)米国務長官は20日、アジア歴訪の最後の訪問国、中国・北京(Beijing)に到着した。

 クリントン長官は北京に向かう直前、韓国・ソウル(Seoul)で記者団に対し「人権問題が世界的金融危機、気候変動、安全保障といった問題での進展を妨げてはならない」と述べ、米中両国は今週末、中国政府のチベット(Tibet)への対応など人権問題における長年意見の食い違いについて歩み寄るよりも現在世界で起きている重要問題取り組む可能性の方が高いとの見解を示した。

 クリントン長官は多忙なスケジュールの中、21日には胡錦濤(Hu Jintao)国家主席、温家宝(Wen Jiabao)首相、楊潔チ(Yang Jiechi)外相と会談する予定。

 だが、クリントン長官は経済危機、気候変動、またアフガニスタン・パキスタン問題といった安全保障問題について、中国側と具体的にどのように取り組んでいくのかはまだ分からないと述べた。

 また、クリントン長官は先ごろ、北朝鮮に対し、挑発的な行為を中止し、ミサイル発射を強行しないよう警告を発していることから、北朝鮮問題も焦点になるとみられる。(c)AFP/Lachlan Carmichael


 なかなか賢い選択です。

 日本での三国トークを補助車に、一歩前進できればいいですね。一機は無理ですぞ^^中国を理解する準備が出来ていないでしょう。中国はバナナじゃないしね^^

 チベットについてはチベット仏教の教義をしっかり調べましょう。聖書と何が違うのか、ダライラマと毛沢東の関係、アヘン戦争、ダライラマと世界初の地下鉄サリン事件を起こしたオーム真理教との関係、永遠の命、仏教の流れと教えの深浅など今回の訪問には下準備する時間がなかったはずですから、これからゆっくり学びましょう。

 戦いに勝つには、相手を知って己自身を知る事でしょう。
 
 
 


posted by 大翔 at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。