2009年03月08日

ホンダ F1チームをロス・ブラウン氏に売却


【3月6日 AFP】(記事更新)フォーミュラワン(F1)からの撤退を発表した本田技研工業(ホンダ、Honda Motor)が6日、保有していたF1チームを同チームの代表を務めていたロス・ブラウン(Ross Brawn)氏に売却すると発表した。

 ブラウン氏は直ちに経験豊富なドライバーのジェンソン・バトン(Jenson Button)とルーベンス・バリチェロ(Rubens Barrichello)の体制維持を発表した。3月29日にメルボルン(Melbourn)で開催されるシーズン開幕戦のオーストラリアGP(Australian Grand Prix 2009)では、失われた時間を埋めるために両ドライバーのレーシングノウハウに賭けることになる。

 ホンダは声明で「Hondaは、Honda Racing F1 Team(以下、HRF1)を、これまでHRF1のチームプリンシパルを務めていたロス・ブラウン氏に売却した。これまで英国においてHRF1の持ち株会社として、HondaのF1レース活動全ての業務を管理してきた、ホンダ・ジーピー・ホールディングス・リミテッド(Honda GP Holdings Ltd.)保有のHRF1の株式100%を、ブラウン氏に売却した。これによりチームの所有権はブラウン氏に移行し、今後はブラウン・ジーピー・フォーミュラ・ワン・チーム(Brawn GP Formula One Team)として、今シーズンのF1グランプリ開幕戦から参戦する計画である」と発表している。

 なお、声明では売却金額については言及されていない。

 新たなチーム名はブラウンGP・F1チーム(Brawn GP F1 Team)となり、新オーナーはチームが英メルセデス・ベンツ・ハイパフォーマンス・エンジンズ(Mercedez-Benz High Performance Engines)とのパートナーシップで合意し、同社から2.4リットルエンジンの供給を受けることを明らかにしている。

 ブラウンGPは声明で「非常に挑戦的な数か月だった」と認め、6日の発表については「未来を確かなものにするためのたゆまぬ努力に対するとても喜ばしい結末」としている。

 また、ホンダの大島裕志(Hiroshi Oshima)常務執行役員、広報・モータースポーツ担当は声明で「昨年12月5日にF1レース活動からの撤退を発表して以降、新たなチームとして存続できるように、様々な検討・協議を重ねてきた。結果としてこれまで一緒に戦ってきたロス・ブラウン氏に売却することができて、非常に嬉しく思っているとともに、彼の英断に大変感謝している」と発表している。(c)AFP/Miwa Suzuki
posted by 大翔 at 15:16 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)