2009年03月10日

ダライ・ラマ、中国政府を非難 チベット動乱50年


【3月10日 AFP】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世は「チベット動乱」から50年目の10日、亡命先のインド北部ダラムサラ(Dharamshala)で演説し、チベット自治区に「この世の地獄」をもたらしたと中国政府を非難した。

 ダライ・ラマは演説で、「意味のある自治」を求めた。1959年3月10日に発生した動乱以降、一連の抑圧で、チベット自治区に「筆舌に尽くしがたい苦しみと破壊」をもたらしたと厳しい調子で非難した。動乱がきっかけでダライ・ラマは亡命した。

 中国当局は、抗議行動を阻止するためチベット高原一帯に大規模な厳戒態勢を敷いている。チベット自治区中心都市ラサ(Lhasa)では、住民によると10日朝の時点で抗議行動はまったく行われておらず、中国国内のチベット人居住地区でも同様だという。武装兵士や警官が通りを巡回する威嚇行動が一因とみられる。

 前年同日にはラサで仏僧が主導した平和的デモが4日後に反中国の暴動に発展、同国西部のチベット人居住地区にも飛び火した。

 チベット亡命政府は治安部隊による鎮圧で200人以上が死亡したとしているが、当局はこれを否定、「反乱者」が21人死亡したとしている。(c)AFP


 テンジンギャツォはまだダライ・ラマをやってるの?

 何度生まれ変わってもダライ・ラマはダライ・ラマに生まれ変わると本当に信じているなら、民を捨ててインドに亡命したのは間違いだったのではないでしょうか?
 その方が多くの民を護れたと思うんですけどね〜。
 逃げる事無く中国軍の銃を相手に民の前に立つべきだったと思いますよ。
 たとえ殺されてもダライ・ラマに生まれ変わるのですから、15世となって、戦えば良いでしょう。
 その方が、チベット人の心の中では、ダライ・ラマ14世が生きたかも知れません。
 
 たぶん^^


お暇な方はこちらもどうぞ

http://hiroto1.seesaa.net/article/115086236.html
 


posted by 大翔 at 17:58 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。