2009年03月12日

北がミサイル発射なら国連安保理で対応も、クリントン米長官




 そうですね〜。ちゃんと戦略を考えましょう。

 北朝鮮のミサイルは、運が良ければアメリカ大陸に届く訳でしょう。

 もし飛ばせば、当然戦争に成るよね。

 北朝鮮には戦争を持続する力などないのですから、オモチャを取り上げられた子供のように餓鬼界をさらす事に成るよね。

 つまり、持てる力を命一杯(めいいっぱい)、文字通り命懸けでありったけの反撃に転じるでしょう。

 そうなれば日本にも飛んできますよ。

 迎撃されるのは解っているでしょうから、発射台を壊される前になるべく同時に撃ってきますよね。

 日本にとってはそこが実質的な問題です。

 韓国だって400人以上拉致されているようだし、できれば先に救出したいところですよね。

 

 


posted by 大翔 at 12:52 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。