2009年03月14日

米国人の40%は「地球温暖化問題はおおげさ」だと思っている。


【3月14日 AFP】米世論調査企業ギャラップ(Gallup)が12日に発表した調査結果によると、地球温暖化の深刻さは誇張されていると考える米国人の割合は、ここ10年でもっとも高くなっていることが明らかになった。


 ということはですよ。増々アメリカ人の意識が下がっているってことでしょう。

 日本人もそうかもしれないね。

 本屋さんに行くと「地球温暖化の嘘」みたいな本が出回っているので、潜在意識に擦り込まれてるんじゃないでしょうか。

 CO2は問題でなくオゾン層の破壊が問題だと主張する人が増えてますよね。

 だからって温暖化や環境問題から目が離れるってのは、どう考えても阿呆度の進行だと思います。

 このアンケートにはあらかじめ8つの設問があったとのことで、なんと一番関心を示した問題は、ダントツ84%が選んだ「飲料水の汚染」だったそうです。

 やはり、肉眼で確認出来る範囲なんですよね〜。日本は島国根性。アメリカは肉眼的現実主義。それぞれ壁を破らないといけませんね〜。

 また、地球温暖化はすでに地球に悪影響を与えていると考える米国人は、前年3月の調査時の61%から53%に減少している。さらに、地球温暖化による影響が「今後もまったくない」と考える人は過去最高の16%に上ったという。(c)AFP

 先日発表されていた「 ダーウィンの進化論、米国人で信じているのは40%」を思い起こしてしまいますね。



posted by 大翔 at 10:13 | 青森 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。