2009年05月05日

新型インフル、香港のホテル封鎖措置に疑問の声も


 ん〜〜〜〜〜〜


 時が時なだけに、やるでしょう。

 国中に蔓延してはたまりませんからね〜。

 文句言っている人だって、立場が逆になればやるんじゃない?

 それより日本だよね。

 今のところ疑いあった者は全部白だったわけだけど、

 今後は解りませようね。


 【5月4日 AFP】新型インフルエンザ感染が確認されたメキシコ人男性が7時間ほど滞在していた香港(Hong Kong)のメトロパーク(Metropark)ホテルで、宿泊客および従業員300人あまりが、7日間にわたる缶詰状態を強いられている。

 メトロパークは香港の繁華街、湾仔(ワンチャイ、Wanchai)に立つ四つ星ホテルで、感染男性が7時間ほど滞在していた。この男性の容体は落ち着いているという。

 新型の「インフルエンザA型(H1N1)」感染の拡大で、世界各国で緊急対策がとられているのは事実だが、ホテルを封鎖したのは香港だけだ。今回の措置については、政府担当者のなかからも「極めて厳しい」との声もあり、感染防止対策としても無意味だとする専門家の意見もある。

■ホテルから一歩も出られず…積もるストレス

 ホテル内に留め置かれたままの宿泊客や従業員も、いら立ちを募らせる。

 AFPの電話取材に応じたケビン・アイルランド(Kevin Ireland)氏は、「韓国人が大声でわめいていたし、かなり動揺した様子の英国人の夫婦も見かけた」と証言した。またAFP特派員によると、2日には、マスクを着用した女性客が泣き崩れ、保健担当者がなだめていたという。

 アイルランド氏は、米飯の食事が続くことや、テレビのチャンネル数が限られていることなどが、宿泊客らのいら立ちの原因と指摘したものの、ホテルの封鎖措置には理解を示した。

■封鎖措置の効果は?

 感染症専門医の労永楽(Lo Wing-lok)氏は、香港政府の対応は行きすぎとみる。「インフルエンザは飛沫感染による病気で、感染者から2メートル以内の範囲にいない限り、感染リスクは低い」

 また、同ホテルが、空港から病院に搬送されるまでの間に、感染男性が立ち寄った数多くの場所の1つにすぎない点を指摘。ホテル封鎖は、「インフルエンザ封じ込め対策よりも政治的パフォーマンスの意味合いが濃い」とみている。

 労氏は、7日間にもおよぶ封鎖措置は、今後体調不良を感じた人が申告するのをためらわせると警告する。
 
■ホテルを先に出た50人、足取りつかめず

 一方、香港当局は3日も、缶詰措置が導入された1日夜よりも前に同ホテルを離れた約50人の行方を追っている。
 
 フランスのビジネスマン、オリビエ・ドリージュ(Olivier Dolige)氏(43)は、メトロパークホテルに商談に訪れていて、ホテルに缶詰となった。しかし同氏は、洗濯設備や食べ物の不足などへの不満はあるものの、悪いことばかりでもないと話す。仲間と協力し、外部からオーストラリアワインやお菓子を「密輸」したそうだ。(c)AFP/Guy Newey
posted by 大翔 at 01:40 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)