2009年06月19日

コロラド大学が火星に古代湖の痕跡を発見


 この輝いて見えるのは、、、水?【6月19日 AFP】火星の表面に約34億年前の湖の痕跡を発見したとする論文を、米コロラド大学(University of Colorado)の研究者らが米地球物理学会誌「Geophysical Research Letters」に発表した。かつて火星に生命体が存在していたことを示す強力な手掛かりとして期待される。

 論文によると、火星の画像を分析した結果、水で削り取られた峡谷が広がってくぼみのようになり、そこにたまった堆積物がデルタを形成している様子を発見した。火星の表面に湖岸線のようなものが発見されたのは初めてで、この湖の面積は207平方キロ、深さは最大500メートルと推定されるという。 

 火星の最古の表面はこれまで、いん石の衝突や大洪水が相次いだ約41-37億年前の温暖湿潤なノアキス(Noachan)代に形成されたと考えられてきた。今回発見された湖はそれ以降の寒く乾燥したヘスペリア(Hesperian)代に存在したと考えられ、火星の温暖湿潤期の終わりが3億年近く延びたことになる。

 科学者らは、湖の跡の周辺デルタに、過去に存在した生命体に関する重要な手掛かりが眠っていると期待している。

 2002年、火星探査機マーズ・オデッセイ(Mars Odyssey)は火星の北極に初めて氷を発見。2008年には、火星探査機「フェニックス(Phoenix Mars Lander)」が火星の土壌に氷が存在したことを確認している。(c)AFP


posted by 大翔 at 22:18 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。