2009年07月11日

ガンダムが・・・現われた!


 ガンダムが、、、ついに実寸大で登場!

 こちら↑がお昼のガンダムだとすると、こちら↓は夜のガンダムです♪

 ガンダムねぶた、いかがでしょうか?[アメーバビジョン]

 それにしても凄い人気ですね〜。

 私、ロボットアニメといえば?と聞かれたら「鉄人28号」とか「8マン」とか「マグマ大使」とか言っちゃう世代ですが、今日はガンダムのお話です♪

 なんとー。知りませんでした〜^^

 ガンダムは名古屋デビューだったんですね〜

 制作は日本サンライズ(現・サンライズ)で、1979年(昭和54年)にテレビシリーズアニメとて名古屋テレビ(現・メ〜テレ)ほかで放映されたのだそうです。これが記念すべき第一回放送となっているのです。

 宇宙世紀0079年。増えすぎた人類は月の軌道上にあるスペースコロニーへの移民計画を実行に移した。それから約半世紀が過ぎた頃の物語である。
 移住先のコロニーのなかで一番地球から遠い位置にあるサイド3コロニー群はジオン公国を名乗り、地球連邦からの独立を求めて、ついにモビルスーツを開発し、独立戦争を始めた。
 だか、開戦一ヶ月で人口の半分を失ってしまう。
 
 そんな時、サイド7にアムロ・レイという少年が住んでいた。アムロ・レイは地球連合軍が進めているV 作戦の調査を行なっていたなか、ジオン軍MSザクの攻撃に巻き込まれ、偶然に偶然が重なりラッキーなことに新型MSガンダムのパイロットになってしまう。
 お陰で敵MSには勝ったものの、ガンダムの母艦がやられ、アムロと共に逃げ込んだ少年少女をわずかに生き残っていた母艦ホワイトベースの乗組員と協力し合う事に成り、そのままサイド7を脱出する。

 しかし、最強と呼ばれる赤い彗星、ジオン軍のエースパイロット、シャア・アズナブルが待ち構えていた。

 この物語は、アムロ達が宿敵シャアをはじめ、様々な人々との出会いや戦い、そして別れを経て数々の困難を乗り越え、閉鎖的な極限状態に悩み傷つきながらも一歩ずつ成長していく姿を描いている。

 ん〜、何で星飛雄馬がアムロなのか、、解った気がするぅ。。

 


タグ:ガンダム
posted by 大翔 at 09:03 | 青森 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | わお! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついに完成ですかーー

トウキョウ行きたいなぁ(笑)
Posted by キレイになろ〜ゆに at 2009年07月11日 14:30
あらまママ〜^^

ゆにさん^^こんにちは^^

へ〜、女性にも人気あるんですね〜^^

実際に見ると迫力ありそうですよね♪

多分、消えてなくなる事はないでしょうから、チャンスをつかんで是非東京へ♪
Posted by 大翔 at 2009年07月11日 16:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。