2009年08月14日

カンタン豆知識 お盆と七夕のおはなし

[七夕] ブログ村キーワード

 国家の祭日にもなってないのに、お盆とくれば仕事を休んで墓参りをしますよね。お盆休みというのも定番です。

 七夕の話と同様に、和暦の7月15日に行なわれていた行事を現代では8月15日に行なっています。

 仏教の風習から来ているとは言うものの、それだけではなく、いろいろとコラボしているようです。

 基本的には先祖の霊を供養する事ですよね。形式に関しては宗派や地方で違うものの、グレゴリオ暦(新暦)で8月15日というのが全国的になってます。

迎え火
 13日夕刻の野火を迎え火(むかえび)と呼ぶ。以後、精霊棚の故人へ色々なお供え物をする。 地域によっては、「留守参り」をするところもあり、留守参りとは、故人がいない墓に行って掃除などをすることをいいます。御招霊など大がかりな迎え火を行なうところもあります。
 大間のマグロで有名な青森県大間町では、お盆中墓場で噴水花火や手持ち花火をやります。昭和初期からの風習のようで、迎え火送り火のかわりに花火を使ったことが始まりだそうですよ。

送り火
 16日の野火を送り火(おくりび)と呼び、京都の五山送り火などが有名です。15日に送り火を行うところも多い(奈良高円山大文字など)そうです。
 注1)余談ですが秋田県の大館市でも山の斜面で大きな大文字焼きが行なわれています。それがね^^ハリウット制作リチャード・ギア主演の「Hachiko」という映画に因んで「大」を「犬」にしたらどうかという、全く阿呆な議論が浮かび上がりました♪結論は「大」で行なうようになったと聞きましたが、こんな話しは秋田犬に悪いよね。アメリカに秋田犬はいません。アメリカにいるのはアメリカン・アキタであって性格も能力の質も違います。ゴジラ同様、ハイウットはまだまだ映画をつくる力がありませんね。南極物語もそうですが 歴史ある内容に対してはちゃんと学んで理解して欲しいものです。余談でした♪
 送り火は川へ送る風習もあり灯籠流しが行われる地域もあります。山や川へ送るのは故人が山や川居るとされる文化が根付いているからだそうです。
 なお、故人を送る期間であるが、16日から24日までであり、お迎え同様に墓参などをして勤めます。
 佛教では普通お盆は1日から24日を指し、地獄の王が閻魔王で、その王と対になるのが地蔵菩薩であり、24日の地蔵菩薩の縁日までがお盆なのだそうです。(因に(天道)大日如来の大日盆はその縁日に則って28日である。)

盆踊り
 15日の盆の翌日、16日の晩に、寺社の境内に老若男女が集まって踊るのを盆踊りという。これは地獄での受苦を免れた亡者たちが、喜んで踊る状態を模したといわれる。
 えっ!そうなの、、。
 夏祭りのクライマックスである盆踊り。旧暦7月15日は十五夜です、翌16日は十六夜(いざよい)すなわち、どちらかの日に月は望(望月=満月)になるのです。したがって、晴れていれば16日の晩は月明かりで明るく、夜どおし踊ることができたというのです。
 近年では照明もあるし^^、場所は「寺社の境内」とは限らなくなっており、また宗教性を帯びない行事として執り行われることも多くなりました。典型的なのは、駅前広場などの人が多く集まれる広場に櫓(やぐら)を組み、露店などを招いて、地域の親睦などを主たる目的として行われるものです。盆の時期に帰郷するひとも多くいることから、それぞれの場所の出身者が久しぶりに顔をあわせる機会としても機能していますよね。
 なお、新しく行われるようになった盆踊りは、他の盆踊りとの競合を避けるために、時期を多少ずらして行われることも多いです。これは、新興住宅地などでは、「盆の最中は帰郷しており、参加できない者が多数いる」などの事情も関係しているものと思われる。 また、宗教性を避けて「盆踊り」とは呼ばないこともあります。しかしそれらが「盆踊り」の系譜に連なるものであることは否定しがたい。 また、同様のものとして彼岸の時期に行なわれるものを「彼岸踊り」と呼称する地域(関東〜近畿一の一部)も存在する。

 ざっとこの辺までが全国的な平均値ではないでしょうか?先にも書きましたが各地方には色んな風習が残っています。

 ある地方では、お盆の期間中には故人の霊魂がこの世とあの世を行き来するための乗り物として、「精霊馬」(しょうりょううま)と呼ばれるきゅうりやナスで作る動物を用意することがあります。4本の麻幹あるいはマッチ棒、折った割り箸などを足に見立てて差し込み、馬、牛とするのです。きゅうりは足の速い馬に見立てられ、あの世から早く家に戻ってくるように、また、ナスは歩みの遅い牛に見立てられ、この世からあの世に帰るのが少しでも遅くなるように、また、供物を牛に乗せてあの世へ持ち帰ってもらうとの願いがそれぞれ込められている。

 またある地方では「施餓鬼」(きこん または せがき)と呼ばれ、餓鬼道(地獄界餓鬼界畜生界の三悪道の一つで、欲望が満足しないで苦しんでいる状態)に陥った亡者を救ったり、餓鬼棚と呼ばれる棚を作り、道ばたに倒れた人の霊を慰めるなどの風習もこの頃に行われる。この辺は仏教的ですよね。
 また、盆提灯と呼ばれる特別な提灯を仏壇の前に飾ったり、木組に和紙を貼り付けた灯篭を流す灯篭流しや、提灯を小船に乗せたようなものを川などに流す精霊流しを行う場合がある。 特殊な例として盛岡市では供物を乗せた数m程度の小舟に火をつけて流す「舟っこ流し」が行われています。

 甲信越・東海地方では仏前に安倍川餅を供えるという習慣がある。

 長崎県や佐賀県・福岡県の日本海側では、盆に(特に海辺や墓で)手持ち花火や爆竹を撃つ風習がある。今では廃れた福建の風習の『清道』(元は盆と正月に行われていたが、いまでは正月のみ)が元になっていると言われる。

 沖縄県では、現在(2008年現在)も旧暦でお盆が行われている。13日をウンケー(お迎え)、15日をウークイ(お送り)と称し、この間先祖の霊を歓待する。また独特の風習や行事が伝えられる。代表的なものに、沖縄本島のエイサーや八重山諸島のアンガマがある。

 お盆は韓国でも中国でも行なわれているそうです。

 話は変わりますが七夕で紹介した国立天文台が公表している「伝統的七夕」(旧七夕)の日について、今年は8月26日です。せめてこの夜、満天の夜空に天の川が見えるといいですね^^

注1)昨夜(16日)の大館市大文字焼き(大きさ日本一)で、8分だけ「大」が「」になりました^^。


タグ:お盆 七夕
posted by 大翔 at 03:09 | 青森 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは(^−^)
お盆ですね〜

うちも迎え火焚きましたよ〜
盆棚もつくりました♪

お仏壇が来て初めてのお盆なので、
どこにもいかず(^_^;)
お守りしています★

膝はだいぶ良くなり、普通に歩けるようになりましたが、
ちょっと年を感じてしまいました!?

暑い日が続きますが、お身体ご自愛ください(^−^)♪♪

練習も頑張ってくださいね★

Posted by ダイエットスイマーきららママ★ at 2009年08月14日 12:22
 こんにちは^^きらら☆ママさん♪

 お盆ですね〜^^

 懐かしい東名高速大変だし、1000円効果渋滞が多いし、出かけないのが一番かも知れませんよ♪
 私も今年はどこにも出かけず、、、ちょっぴり太りそう><

 そうでしたね。お仏壇が来て初めてのお盆ですよね。やがてお子さん達が家庭をつくりお孫さんを連れて帰郷するようになるんでしょうね〜^^
 まずはそれまで頑張りましょう♪

 膝は焦らずゆっくり治しましょう。なんでも治りかけが大事です。ゆっくりね♪
Posted by 大翔 at 2009年08月14日 16:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。