2009年09月11日

ダライ・ラマ 14世とシーシェパードのポールワトソン


 今までダライ・ラマ14世といえば、オーム真理教から1億円ほど頂いて、オーム真理教を支援し、地下鉄サリン事件の犠牲者やオーム事件の犠牲達には何の言葉も発しない非人間だと思ってました。
 はい、そうなんですが、なんと、シーシェパードのホームペイジにダライラマの写真が有るではないですか。

featured_2007-03_Dalai_Lama_and_Paul_Watson_1.jpg←これ
 The Dalai Lama greets Paul Watson

 仲良く握手していますね。

 ダライラマにとっては世界に名前を売るチャンスでしょうし、ポールワトソンにとっては世論をまとめる道具として便利だったのでしょう。
featured_2007-03_Dalai_Lama_letter-1.jpg←1998年にダライラマが送ったメッセージ

 「シーシェパードの活動を支援しているのは幸いだ」という主旨の内容です。

 つまり、少なくてもダライラマは1998年の時点でシーシェパードの行いを応援しているということですよ。しかも今もです。
 もし考えが違ったというならシーシェパードのHPに掲載していることを大いに抗議するでしょう。でもオームの件が有るから、全く他人の事など感じてないという方が正解でしょうね。
 オームに金で利用されたように、シーシェパードにも利用されてるだけかもしれませんよ♪

 所詮チベットで作られた大根ヒーローですよね。 

ダライ・ラマ14世 と 毛沢東
 
【9月11日 AFP】10日にチェコの首都プラハ(Prague)を訪問したチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世の英語の辞書には、「ポリティカル・コレクトネス(差別や偏見を含んだ表現を用いないこと)」という語はないらしい。

 11日の会議でアジアの人権に関するスピーチを行うために同地を訪れたダライ・ラマは、記者団からの「ポリティカル・コレクトネスについてどう思うか」という質問に面食らった様子を見せた。

 ダライ・ラマは、目をぱちくりさせながら「それって何ですか?」と返した。これには一同爆笑し、質問した記者が詳しく説明したが、ダライ・ラマはまだ飲み込めない様子。頭を横に振りながらアシスタントの方を向いて「どういう意味?」と助けを求めた。

 ひとしきりの説明のあと、ダライ・ラマは背筋を伸ばし、まだ理解できないといった表情で話し出した。「わかりません・・・わたしはいつもオープンにものを言いますから。背が低い人については低いと表現しますし、背がとても高い人についてはとても高いと言います」

「こうした表現が悪い気を起こさせるのなら、もちろん言えませんが。でもとにかく、ブラックはブラック、ホワイトはホワイト、イエローはイエローなんです。それだけの話です」(c)AFP


posted by 大翔 at 22:13 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。