2009年10月02日

三菱のジェット機が100機売れました^^


 戦後日本に勝った米国は、真っ先に日本が飛行機を作ることを禁止しました。

 なぜか?

 零戦があまりにも優秀だったからです。

 その技術は新幹線に役立てられたり、何と言っても自動車でしょう。

 そしてついに、飛行機を、、、と、言いたい所ですが^^

 やっとスタートできたかな?というところでしょう。

 飛行機界をとばして、UFOの研究をした方がいいかもですね^^

 ロケットが重要なポジションに至った事は、責任と誇りをいっぺんにつかんだことになり、米国のスペースシャトルに代わる役目を達成し続けることで名誉もついてくるでしょう。


カンタン日記のトップへ
【10月2日 AFP】(一部更新)三菱重工業(Mitsubishi Heavy Industries)子会社の三菱航空機(Mitsubishi Aircraft)は2日、開発中の国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(Mitsubishi Regional Jet、MRJ)」について、米国の地域航空会社から100機受注したと発表した。

 発注元は米ミズーリ(Missouri)州のトランス・ステーツ・ホールディングス(Trans States Holdings、TSH)で、確定50機、オプション50機の覚え書きを締結した。納入は2014年からの予定。

 これまでMRJの受注は、全日本空輸(All Nippon Airways、ANA)からの25機のみだった。

 TSTは地域航空会社のトランスステーツ航空(Trans States Airlines)とゴージェット航空(GoJet Airlines)を運営し、米航空大手ユナイテッド航空(United Airlines)とUSエアウェイズ(US Airways)のローカル路線も受託運航している。(c)AFP/Kimiko de Freytas-Tamura
posted by 大翔 at 23:52 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)