2009年10月28日

なんですって!護衛艦くらま、韓国籍のコンテナ船と衝突 関門海峡



 なにやってるんですかね〜

 韓国籍のコンテナ船と衝突してどうすんのよ!

 やっぱりさ、捕鯨船の護衛から始めた方がいいよね。


10月28日 AFP】27日午後7時56分ごろ、関門海峡で海上自衛隊の護衛艦「くらま(Kurama)」と韓国籍のコンテナ船が衝突し、双方の船で火災が発生した。

 くらまは25日に相模湾で行われた自衛隊の観艦式に参加した後、母港の佐世保基地に戻る途中だった。(c)AFP



で、その後のニュースに寄れば、どうやら韓国籍のコンテナ船カリナスターの方が、道路で言う中央分離線はみ出し禁止を破っている疑いが強まって来ました。
 更なる調査を進めて欲しいですね。


その後、そもそも関門海峡は幅が狭く、潮の流れが速い海域を多数の船舶が行き交うことから「海の難所」と呼ばれるのだそうです。防衛省によると、現場は関門橋の真下で、当時は視界3〜4キロ。風や波は穏やかだった。
 ここで新たな問題が浮上しました。
 カリナスターを所有する韓国の南星(ナムソン)海運は取材に「前の船舶を右側から追い越そうと針路を変えたが、関門管制から左側から追い越すように指示を受け、左にかじを切ったところ前から来た『くらま』の艦首と右舷船首が衝突した」と説明しました。
 
 あらま、何ででしょう?

 それと驚いたのが護衛官「くらま」の壊れ方ですよね。コンテナ船カリナスターの乗務員は全員無傷なのに、くらま側には軽傷者がいました。どっちが軍艦なんだか変だなぁと思っていたら、TVで専門家がコメントしていました。
 「第二次世界大戦中の戦艦大和時代と違い、ミサイルを受けても沈まないようにとは作られていません。鉄板の厚みが全然違うんです。今は軽量化されていて鉄板も薄いんです。」という主旨の事を言ってましたよ。
 なぬっ!
 じゃ〜、シー・シェパードに衝突されたら捕鯨船より弱い?そんなアホな!

 まさか戦艦が自動車のように衝撃吸収モノコックボディーを採用した訳じゃないよね^^

 
ビール自衛隊に入ろう / 高田渡 と 筑紫哲也
 
posted by 大翔 at 08:05 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)