2010年01月27日

沈む不沈空母 unsinkable aircraft carrier

 かつて中曽根が日本を浮沈空母と言って物議を醸し出したことがあった。
 その後通訳の訳し方によって浮沈空母(unsinkable aircraft carrier)になったことが分ったが、中曽根がそれを否定しなかったので、そのまま中曽根の言葉として伝えられた。


 さて、あれから27年。浮沈空母(日本)は今どうなっているでしょう?

 自殺者三万人超え連続12年。
 
 船底には大きな穴が開いて、借金という海水が浸入しています。

 まだ海水をかぶってない甲板の上では、のんきな人々がヒナタボッコ。

 操縦室にはその場しのぎの総理大臣。

 海は100年に一度の大不況。

 失業者347万人(2009年) 失業率5.2%、男5.4%、女4.9%

 解決しない少子化問題。

 二世代目になった校内暴力世代。

 不況型倒産過去最高。


この船、どうする?


今日も一日頑張ろう♪
 


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


タグ:不沈空母
posted by 大翔 at 12:51 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。