2010年02月06日

アンチロック・ブレーキ・システムとプリウスと社長

[プリウス] ブログ村キーワード


 なんでしょね〜。
 トヨタが世間(世界)からいろいろ言われてますが、そんなに騒ぐほどの事でしょうか?
 いつものようにマスコミが騒いで、知らない人達がそれに乗っているという感じじゃないのかな〜?

 トヨタが甘かったのは、今や世界市場に出ているのに、顧客の質をつかんでなかったという事でしょうね。
 世界中にいるトヨタのユーザーが日本の雪国育ちだったら、大した問題ではなかったと思いますが、いかんせん、雪も見た事が無いような人も沢山いるでしょうし、その土地に住む人達をしっかり見てなかった事が結果的に記者会見の遅れや、いたずらに大きくされた話を現場で吸収出来なかったのではないでしょうか?

 初めに報道されたブレーキペダルはアメリカで作ったものだそうですね。コストダウンに成功しても技術力が落ちては信用も落ちますよね。日本の下請けに任せれば高価になるかもしれませんが、今後の事を考えれば保険だと思って復活したらどうでしょう。価格競争には勝てなくなるね。どちらにしてもトヨタの管理能力の問題です。パーツには妥協はいりません。

アンチロック・ブレーキ・システム 

 クレーム内容が「ブレーキが効かないような気がする。」
 アタリマエでしょう^^
 アンチロック・ブレーキ・システムは欧米の鉄道会社が初めに開発したものです。
 開発目的は、ブレーキをかけたとき

 車輪を止めないことなんですよ♪
 えっ、ブレーキをかけてるのに車輪を止めないですって?
 
 止まらないじゃないの〜!
 と、お考えになった方は、ちょっと私にお付き合い下さい^^
 
 雪国のドライバーなら誰でも知ってるポンピングブレーキとは、ブレーキペダルを踏んだり戻したりして車を止める方法です。
 南国の人にとっては、自動車を止めようとしているのにブレーキをはなすという感覚は無いですよね。自動車が止まるまで強く踏み続けますよね。
 これをやっちゃうと、雪国では真っすぐ障害物にぶつかってしまいます。
 なぜか?
 ハンドルを切っても自動車の方向を変えられないからです。
 タイヤがロックすると、氷に上にゴムで立っているだけなんですよ。
 自動車はカーリングのストーンと同じになります。
 カーリングのストーンは回転を加えてもほぼ真っすぐ進みますよね。
 ちなみに4つのタイヤがロックしている時は、雪国では安全と言われるFFでも4WDでも全く同じ動きをしますのでご注意を!
 自動車の方向を変えるには、タイヤと路面が滑っていない事が条件に成ります。
 もうお分かりですか?
 タイヤをロックしてはいけないということです。
 これは成れないと出来ません。止めたいのにブレーキを放すにはそれなりの勇気が必要です。頭で分っていても足がペダルから離れませんよ^^安全なアイスバーンの上で試してみて下さい^^
 ポンピングブレーキは上手になるとブレーキを踏みっぱなしにして自動車をカーリングのストーンのように滑らせるよりも早く止まれます。
 但しスケートリンクのようなミラーバーンではあまりにもダイヤと氷の摩擦が無いので、何をやっても効果がありません。初めからスピードをおとして走行しましょう。
 
 そのポンピングブレーキの動きを自動でやってくれるのがアンチロック・ブレーキ・システムなのです。

 重い車輌を早く止める為に開発されたアンチロック・ブレーキ・システムは、日本では1964年に開業した東海道新幹線の0系新幹線から搭載され、飛行機にも使われています。
 自動車はトヨタ、日産、ホンダと開発がはじまり、1990年頃から全メーカーが4ABSと呼称を統一し、今では標準装備されてますよね。二輪のバイクだけはなかなか普及してません。
 
 さて、トヨタがいうのには「踏めば止まる」です。まったくその通りなのですが、ABS作動時のドライバー側の感覚がちょっと違ったのでしょうね。ABSの効き具合はプログラム制御で決っているので、作り手の感覚とユーザーの感覚にズレがあったか、プログラムの打ち込み間違いがあったか、部品に問題があったかです。トヨタはプログラムと発表してますので、そこを交換すれば以前のプリウスのような踏みごたえになるでしょう。
 それにしても、ずーっと作って来たシステムであって、はじめて導入したら問題が出たという話ではないのです。
 知り合いに問題のプリウスを乗ってる人がいますが、全然感じてないんですよね。

 そもそもこの装置が動くようでは、運転が荒いんじゃないのでしょうか?^^

 ではみなさん、安全運転第一です。
  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

【2月5日 AFP】トヨタ自動車(Toyota Motor)の豊田章男(Akio Toyoda)社長は5日、名古屋(Nagoya)市内で記者会見し、ハイブリッド車の新型「プリウス(Prius)」のアクセルペダルの不具合や欧米で数百万台のリコール(無料の回収・修理)が相次いでいる問題について「お客様にご迷惑、ご心配をおかけしたことを心からお詫び申し上げます」と陳謝した。豊田社長が今回の問題で会見を開くのは初めて。

 豊田社長は社内に品質向上委員会を設置したことを明らかにしたほか、新型「プリウス」についても「できるだけ早く対応の方法を講じるよう指示した」と述べた。(c)AFP


posted by 大翔 at 13:50 | 青森 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
色んなことに詳しいですね!!
ブレーキが効かないって、
最初聞いて、えぇ〜!って
思いましたがどうやらそう言うこと
ではないようですね。。
ポンピングブレーキ、冬には
かかせないです。って、最近は運転していませんが〜〜。
若かりし頃とは違い、スピードは出さなくなったので、急ブレーキを
かけるようなことって、
まずありません。かなり用心深くなりましたよ〜笑 色んな意味で
日々危機感が〜〜(^_^;)

Posted by くま8 at 2010年02月06日 18:04
こんばんは^^くま8さん^^

さすが雪国ですね^^

こちらでも、いや、吹雪を商売にしているくらいミラーバーンが現れますよ。
きゅっと音がする雪は良いのですが、粉雪は大変ですよね。
ブレーキが効かないとは別に考えないと、、、と言いたい所ですが、雪に縁がなければABSは通常の運転には必要ないシステムなんです。
プリウスがアウトバーンで時速200km出していてパニックブレーキを踏むとか^^
その前にこんなブレーキング勉強しろよ!ですよね。
スキーもそうでしょう?
転べる自信がある速度よりスピードを出しちゃイケマセンよね。

 

Posted by 大翔 at 2010年02月06日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。