2010年02月07日

「衝突はまた起こるだろう」とミックジャガーが支援しているシー・シェパード

「衝突はまた起こるだろう」ではなく、「また衝突を起こします」でしょう。

先ずはのんきなニュースでも御覧下さい。



次項有お食事中の方は見ない方がいいかもしれません 白豪主義オーストラリア

次項有ミックジャガーなどシーシェパードを支援している人々

日豪捕鯨討論 〜豪の言い分を全て論破〜(前編)


日豪捕鯨討論 〜豪の言い分を全て論破〜(後編)



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い【2月7日 AFP】米環境保護団体「シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society)」の抗議船と日本の調査捕鯨船の衝突をめぐり、双方の非難の応酬が激しさを増している。

 シー・シェパートは6日、日本の調査捕鯨船「第3勇新丸(Yushin Maru No. 3)」が抗議船「ボブ・バーカー(Bob Barker)」号に故意に衝突したと発表した。日本側は衝突を回避しようとしたが衝突してしまったと話している。

 シー・シェパードのポール・ワトソン(Paul Watson)氏は7日、AFPに「日本側は捕鯨を続けようとしており、我々はこの場所を離れるつもりはない。衝突は今後も起きるだろう」と語った。

 ワトソン氏によるとこの1か月ほど日本の調査捕鯨船団を探していたボブ・バーカー号は、6日の朝にようやく捕鯨船団を見つけた。ボブ・バーカー号は母船「日進丸(Nisshin Maru)」のクジラの水揚げを阻むため、日進丸の船尾から約200メートルの位置につけた。

「するとすぐに4隻の捕鯨船が(ボブ・バーカー号を)取り囲み、放水銃と長距離音響発生装置(long-range acoustical devices、LRAD)を撃ってきた。そして4隻のうちの1隻、第3勇新丸がすぐ近くまで接近すると急に方向を変え、船尾をうちの船の船尾にぶつけてきた。長さ約1メートル、幅約4インチ(約10センチ)の裂け目ができた」(ワトソン氏)

 一方、調査捕鯨を行っている日本鯨類研究所(Institute of Cetacean Research、ICR)は、異臭がする酪酸(butyric acid)が入ったものを投げ入れようとボブ・バーカー号が第3勇新丸に危険なほど近くまで接近したため、衝突を避けようとしたところぶつかったと発表した。
 
 いずれの船にもこの衝突による負傷者や大きな損傷はなかった。(c)AFP


posted by 大翔 at 14:46 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。