2010年03月17日

縄県名護市辺野古で飲酒運転の米兵がひき逃げ事故

 沖縄県名護市辺野古の国道で飲酒運転していた米軍車両が軽乗用車にオカマをほり、そのまま逃げちゃいました。追突された日本の軽自動車に乗っていた米軍従業員の日本人男性(45)はねんざや打撲、後部座席の小学4年の長男(10)は鼻をぶつけて軽傷、助手席の次男(2)は額を4針縫うけがを負った。

 犯人は捕まりましたが、残念ながらそこは米軍基地内なのです。米軍側に犯人の出頭を要請したものの、またも沖縄県警は手を出せません。日本でなら道交法違反(ひき逃げ)や自動車運転過失致傷の疑いで捜査をするとは言う者の、基地内に逃げ込まれてはアメリカの法律が提要されてしまいます。
  
 日米地位協定では米軍人が公務中に事故を起こした場合の一次裁判権は米側にあるが、県警幹部は「捜査を尽くしたい」と話した。名護市の稲嶺進市長は「(基地の)中に入ったら地位協定の壁に阻まれ、捜査、解明できないのでは、県民に不信感を抱かせる」と述べた。

 またか、、、と思いがちですが、沖縄では米軍による事件が大なり小なり年間200件を超えるといいます。

 こんな米軍基地をあなたの街にもおひとつ如何ですか?
posted by 大翔 at 21:54 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)