2010年05月26日

自分が何をしたのかわからない民主党♪公約達成率22%

 さっすが半径15cmの男が率いる民主党ですね。
 組織は長の器を超えられません。この8ヶ月で完全にフィットしましたね。
 
 民主党は25日、昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた179の個別政策の達成度に関する“自己採点”をまとめた。「実施」と評価した政策は39件で、全体の22%にとどまったほか、米軍再編など政権発足8カ月を過ぎても「未実施」が20件(11%)あり、野党などから公約違反との批判も出そうだ。
 自己採点によると、「未実施」は、昨年末に見送りを決めた「ガソリン税など暫定税率の廃止」や「危機管理庁(仮称)の設置」など。未実施とした「米軍再編」は「米軍普天間飛行場は5月末までに政府として具体的な移設先を決定」などと記述するのみだった。
 一方、平成22年度は1人当たり月額1万3千円支給するとした子ども手当や、高校授業料の無償化、診療報酬の増額などは実施と認定。衆院選公約で冒頭に掲げた「政治家主導の政治」も実施済みとし「官僚の政策決定を、政治家が追認する政治風土を改めた」と自画自賛した。


 暫定税率廃止した上で 地球温暖化対策税の名で即復活するんですよね?

 暫定税率で道路を作ってきたのだから、道路を造りたいなら暫定税率即廃止だなんて言わなきゃ良かったのにね。ここが前後左右全く見えない民主党らしさです。
  
 政治家主導の政治?いわゆるミニ独裁主義ということでしょうか?他人の話を聞けない人々ですよね。普天間問題で勉強したら答えが変わるだなんて許されない内容でしょう。八ッ場問題も同様、誰が民衆と語り合いましたか?廃止理由「はじめからマニフェストに書いている事であり、国民はそれを選択した」といって、民衆を人間だと思ってませんよね。
 政治と金問題が発覚した頃こんな事も言ってましたよ。「国民も『またか』という思いは感じていると思う。ただ、この問題も私自身の問題も、(昨年の)総選挙の前から出ていた話だ。問題があるにもかかわらず、民主党を国民の多くが選んだ。その責任も果たさなければいけない」
 それでも国民の多くは半径15cm男の鳩山の幼稚性に気がついていなかった。

 子ども手当は公明党無しでは語れないんじゃないの?
 事実上他人のふんどしに民主党のマークをつけただけでしょう。しかもまだまだ不備が多いではないですか。
 
  
 阿呆なトップのもとで官僚の政策決定を、政治家が追認する政治風土を改めたことがこの国の不幸の始まりだろう。
 幸いトップを選挙で落とせるシステムなので、死ぬまで付き合う必要は無いのだが、有能な人材が現れるまでは国民が大変です。海外からの信用は下がるが、マトモな総理が現れるまで落とし続けるしかない。忍耐と辛抱です。
 
posted by 大翔 at 09:36 | 青森 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)