2010年06月28日

【沈む島の真実 キリバスから】クック船長も上陸したクリスマス島へ 青いラグーンと生い茂るヤシの木と… 世界最大の環礁を大冒険!?



大きな地図で見る

 世界最大級の珊瑚礁の島。クリスマス島またはキリスィマスィ島と呼ばれている。
 由来はイギリスのジェームス・クック船長が1777年のクリスマスイブに上陸したことで名付けられたとのこと。

だが
この島には
嫌な歴史がある。
 1957年〜1958年にイギリスが、
 1962年にはアメリカが、
 それぞれ核実験を行なっているのだ。


 先進国の臆病で勝手な実験ですよね。

 さてさて、こんな美しい島が海面上昇のために沈んでいるのです。

 核兵器は作れても、まだまだこんな事には何の手も打てないのが人類なのだ。


 Absolutely Christmas island

posted by 大翔 at 09:42 | 青森 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)