2010年11月25日

そろそろ慣れたか?裁判員裁判初、少年に死刑判決 3人殺傷事件で仙台地裁


 初の死刑判決では「控訴を勧めたい」と裁判長が極めて異例の言及。

 二度目の死刑判決では、なんと無実を訴えているのにみんなで死刑!

 そして今回が三度目の死刑判決。未成年に対しては初ということだ。

 そろそろ慣れてきた死刑判決。

 死刑そのものを議論することもなく、まるで死刑を言い渡すことが勇気の現れで有るかのような報道。

 その気になっている裁判員達。

 慣れとは恐ろしいもので、いつのまにかアタリマエになり、何も感じない動物に成っちゃいますよ。

 数年後、日本国内に殺人者が蔓延することになる。

 これほど恐ろしいことはないね。

 心に刻んだ経験からは、誰人も逃げられません。

posted by 大翔 at 18:58 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)