2010年11月25日

【北朝鮮砲撃】「北の被害規模、韓国より大きい」中国消息筋 原子力空母「ジョージ・ワシントン」が黄海へ

 韓国の聯合ニュースは25日、北朝鮮による韓国・延坪島砲撃で、韓国の反撃により北朝鮮が受けた被害規模が、韓国側より大きいとみられると報じた。中国の北朝鮮事情に詳しい消息筋の話として伝えた。
 同ニュースによると、中国人民解放軍出身のこの消息筋が最近、韓国政府関係者と接触した際に語ったという。
 韓国軍が北朝鮮の砲撃に反撃した際、K9自走砲で約80発を発射した。韓国国防省は「あらゆる手段を通じ北朝鮮の被害を分析している」として被害状況を発表していないが、軍関係者は「韓国軍の自走砲は北朝鮮の野砲より火力が大きく、相当な被害が出ているだろう」と述べた。(共同) 



 報道は平等にして欲しいものですね。
 韓国軍が発射した80発はどうなったのでしょう?

 日中台にとっての尖閣諸島と同じように、韓国、北朝鮮両国が主張している国境線が違うワケです。

 北朝鮮側は態度を変えてなく、我が海域に少しでも入れば攻撃すると言っている。

 菅直人やアメリカもそうだが、会話が出来ない人は暴力でしか戦えないのです。

 嘘という言葉の暴力から兵器と使う無差別殺人まで本質は同じです。

 さてさて、三日後に行なう米韓合同演習の為に、原子力空母「ジョージ・ワシントン」が黄海に向けて出港しましたね。

米原子力空母ジョージ・ワシントン 横須賀基地に配備 (1)


 本日はさらに二隻の軍艦が出港しました。

 二国のクロスオーバーエリアに入るのか入らないのか?

 私は、もし入れば北朝鮮が撃つ確立は高いと思うんですけどね〜。

 米軍のことですから、いつものように、撃たせて撃ち返すくらいの戦略をたてて行動しているでしょう。

 そうなると、迷惑な実弾を被るのは日本でしょうね。

 国内ではやっつけろ派が勢いづくでしょう。

 裁判員制度で死刑が当たり前になると、日本全体が旧軍国主義に走りやすくなります。

 つい先日沖縄の方と会話をしていたら、こんな話が出てきました。

 戦わない為には、武器を持たないことだと。

 これを実現するには人間力を上げなければ成りません。

 そこをないがしろにしたままでは、何をやっても地獄へ向かってしまいます。

 原爆を落とされた唯一の国として、また、極刑が合法的殺人であることを認識して生死を議論しなければ、近い将来日本が地獄に成るころは必然でしょう。

 今起こっている過去最悪な出来事は、ただの兆しに過ぎないことかもしれません。


横須賀配備の原子力空母交代式 米で公開




人気ブログランキングへ

  

 
posted by 大翔 at 23:54 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 軍事・戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170684294
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

【日記】ニュースに関すること
Excerpt: ニュースに関するブロブの記事を書いたら、こちらへトラックバックしてください。
Weblog: とらばなう
Tracked: 2010-11-26 19:02
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報