2010年12月02日

沖縄県知事の仲井真弘多知事 VS 日本の首相菅直人&仙谷由人官房長官


 首相が沖縄県知事と会談 普天間問題めぐり議論 「県外移設」要求に「負担減」で応じる。

 この勝負、仲井真弘多知事の勝ち。

 理由1、未だに沖縄に行かない菅総理。(菅直人に、菅直人が沖縄に行く意味が分かるとは思えない。) 
 理由2、5月の日米共同声明は、米国の飾り言葉であったにせよ、地元の賛成があることが条件に成っている。沖縄県民を無視した日米同意声明は砂上の楼閣でしかないのです。天空の城ラピュタとでも言っておこうか。大地から足を離しては生きて行けないのです。
 理由3、公約は中身が違うが、政府として(基地の)負担軽減に全力を挙げるという矛盾。菅直人の頭蓋骨では問題が大きすぎて入らないのだろう。
 理由4、言葉の意味を知らない菅直人が使った「負担減」は、ほ〜〜〜んのちょっと騒音を下げれば、または下げたことにすれば目標達成なのだ。行く行くと言いながら逃げ回ったあげく、訪問されるとこの程度の答えしか持ってないのは、普段何も考えてないって事ですよ。最低〜〜〜

 
 菅直人首相は2日午前、沖縄県の仲井真弘(ひろ)多(かず)知事と首相官邸で会談した。両者が顔を合わせるのは11月28日の知事選での再選後初めてで、仙谷由人官房長官も同席。仲井真氏が米軍普天間飛行場(宜(ぎ)野(の)湾(わん)市)を名護市辺野古崎地区に移設するとした5月の日米共同声明の見直しを求めたのに対し、首相は早期に沖縄を訪問する意向を表明した。
 会談で仲井真氏は「私は公約ではっきりと日米共同声明を見直してもらいたいと言ってきた。公約実現に向けて力添えをお願いしたい」と県外移設を要求。首相は「(政府方針と)公約は中身が違うが、政府として(基地の)負担軽減に全力を挙げる」と応じた。
 仲井真氏はさらに、政府と振興策などを話し合う沖縄政策協議会の早期開催を求めた。首相は同協議会を開く一方、早期に沖縄を訪問して普天間問題への理解を求める考えを伝えた。


人気ブログランキングへ

キャラもふ 坂本龍馬

新品価格
¥280から
(2010/12/2 18:06時点)



リーダーとして必要なことはすべて坂本龍馬から学んだ

新品価格
¥1,470から
(2010/12/2 18:06時点)




posted by 大翔 at 17:56 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。