2011年01月05日

【主張】首相年頭会見 言葉通り実行してみせよ と産経


 こんな男(菅直人)に期待している方がアホですね。
 【主張】首相年頭会見 言葉通り実行してみせよ?
 仮免だのと言ってるど阿呆(人間の心を忘れた人)なことしか出来ないじゃない。
 菅直人の実績は「私は総理の椅子より外は何も見えません」ということを国益を消滅させながら証明しているだけではないか!
 こんな男に何が出来ます。
 期待している方がオバカですよね。

 菅直人首相は年頭の記者会見で、「政治とカネの問題にけじめをつける年にしたい」と述べ、小沢一郎元民主党代表の国会招致問題の決着を図る考えを強調した。
 小沢氏が強制起訴された段階では、離党や議員辞職など出処進退の判断を促すとの見解も示した。問題を放置したままでは「国民に痛みを分かち合ってもらうことはできない」という認識は、極めて妥当といえる。
 問題は、これらを言葉通り実行できるかどうかである。与党内で求心力を失いつつある首相の政権基盤はもろく、指導力を疑問視する国民の声も大きい。今年こそ不退転の決意で、最高指導者としての責務に当たってほしい。
 首相は昭和51年の「ロッキード選挙」に初めて立候補してから長年、政界浄化を目指していたことを強調した。だが小沢氏の問題では、「クリーンな政党」を掲げながら「幹事長辞任によって大きなけじめをつけた」と擁護したこともあった。
 曖昧な姿勢のため昨年中に結論を出せず、いまだ通常国会の召集時期を決められない事態を招いている。偽証罪を伴う証人喚問を実現して自浄作用を果たすことこそ、首相に求められている。
 自衛隊を「暴力装置」と呼び問責決議を可決された仙谷由人官房長官の更迭問題も未解決だ。野党の反発を招いて、国会での重要な政策論議を妨げている閉塞(へいそく)状況を打破しなければならない。
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加については、「平成の開国元年」として必要な農業対策のとりまとめに意欲を示した。しかし、「若者が従事できる農業」には言及したものの、競争力向上のため専業農家への集約を促進するかどうかなど具体的な改革の姿は示していない。与野党の農林族などの抵抗を退ける決断が、果たして可能だろうか。
 消費税増税を含む税制抜本改革では、改めて超党派の議論を呼びかけた。だが、首相は平成23年度予算案の決定時には「年明けの段階で未来に向かって方向性を示していきたい」と述べていたはずだ。どうなったのか。
 具体的に税率をどうするか。また子ども手当などのばらまき政策を盛り込んだ政権公約を見直すのかどうかなど、政権としての基本的立場をはっきりさせ、協議を具体化させるときだ。


人気ブログランキングへ
タグ:産経
posted by 大翔 at 07:55 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)