2011年02月14日

飲酒運転したら事故に関わらず極刑にでもしないと無くならないね。


危険運転致死傷幇助で2被告に懲役2年の実刑判決

 飲酒運転がなくならないのは罪が軽いからですよ。

 そのお陰で命を奪われるなんて、納得できませんよね。

 ドライバーだった玉川清受刑者(35)=危険運転致死傷罪で懲役16年。

 同乗者の大島巧被告(48)と関口淳一被告(46)は、たった二年。

 しかも無罪を主張している。

 飲酒運転自体が凶器なんですから、事故の有無に関わらず、50年とかにしないと無くならないでしょう。

 同乗者も同じにすれば、少しは乗らなくなるんじゃないですか?

 
posted by 大翔 at 18:22 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)