2011年02月24日

仕事できない民主党。「政府機に家族同乗」撤回 防衛省に打診もせず…外相発言に批判


 民主党だよ。前原だよ。仕事できる訳ないじゃないの。
 嘘マニフェストで政権交代し、その後はその場しのぎばっかりの民主党。
 しゃべればしゃべるほど国益を失い、実質国土まで失い、国民の信用はもちろん諸外国からも政治不信。
 選挙には負け続け、と〜っくに責任とって辞めなければ成らないのに、椅子より外が見えない菅直人は支持率1%に成っても続けるという。国民無視政権が言う事はいつもいつもキレイゴト。

 
 ニュージーランド地震で日本人の行方不明者が出ている問題で、現地に出発した日本の政府専用機に被災者家族らを同乗させることをめぐり、政府内で混乱が生じた。前原誠司外相が22日に家族同乗に言及したにもかかわらず、結局、同乗できなかったもので、前原氏の軽率な発言への不満の声が上がっている。

 政府専用機は国際緊急援助隊を乗せて、23日に出発したが、これに先立つ22日夜、前原氏は記者団に対し、「うまくタイミングが合えばという前提だが、現地に行きたい保護者もおられるので政府専用機に乗ってもらえる方は乗ってもらえるように手配している」と述べた。

 富山市によると、外務省も同夜、安否不明の学生が通う富山外国語専門学校側に同乗を提案したという。

 ところが、23日朝になって外務省幹部が救出活動に使用する機材が重いため、家族が同乗できないことを連絡してきた。家族らの旅券の緊急発行や参集に時間がかかることも同乗拒否の理由になった。

 そもそも外務省は、家族の同乗が可能かどうかについて、専用機を管理・運用する防衛省に打診もしていなかった。

 同市の森雅志市長は同日の会議で、「やっぱり(同乗は)無理と言われた。希望を募っておきながら、いかがなものか。家族は、かえって失望してしまう」と政府の対応を批判した。

 同乗が困難であることは事前に調べれば分かるはずで、前原氏の思いつきの発言が、政府内の混乱と家族らの失望を招いた。


 民主党に人間の心など分りませんよ!

人気ブログランキングへ
posted by 大翔 at 10:39 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)