2011年03月15日

放射能は漏らしてはいけない。だが情報はどんどん出せ!

 被災者のマナーの良さに世界が注目しています。

 略奪などせず、少ない食料を分け与えている姿が高く評価されているのです。

 そういえば、チリの落盤事故でもそうでしたね。

 ロシアの独立系紙ノーバヤ・ガゼータ(電子版)は13日までに、東日本大震災の甚大な被害にもかかわらず日本人が社会的秩序を失わず、互いに助け合う姿を「日本には最も困難な試練に立ち向かうことを可能にする『人間の連帯』が今も存在している」と称賛するゴロブニン・タス通信東京支局長の記事を掲載した。

 ゴロブニン支局長は、震災を「第2次大戦直後の困難にも匹敵する」大災害だとしつつ、「重要なのは、ほかの国ならこうした状況下で簡単に起こり得る混乱や暴力、略奪などの報道がいまだに一件もないことだ」と指摘。

 震災当日の11日、公共交通が止まってサラリーマンが帰宅の足を奪われた東京でも「人々は互いに助け合っていた。レストランや商店はペットボトル入りの飲料水を無料で提供し、トイレを開放した」と驚きをもって伝えた。(共同)

 がしかし!

 海外から多くの援助隊が動いているのに、、、

 米軍兵ヘリ部隊が17人被爆したのに、、、。

 菅直人率いる政府も東京電力もあまりにも情報を隠している。

 仕事できない人達ですから当然なのですが、世界は我慢しませんよね。

 中国ではCGまで作って専門家達が解説をし、今後の予測をたてている。

 また、日本からの輸入品全てを放射能計測をすると決めた。

 在日中国大使館は15日、福島第1原発の事故は「深刻で不確定要素がある」として宮城、福島、茨城、岩手の4県にいる中国人の帰国を支援するとの緊急通知を出した。帰国支援は「直ちに実施する」としている。

 ロシアは放射性物質が漏れているのに、今何がおこっているのかあまりにも情報がないとし、専門家を送り込んだ。

 1986年に大事故を起こしたチェルノブイリ原発のようには成らないだろうとしながらも、日本の情報公開不足に不満を感じている。

 在日ドイツ大使館は15日までにウェブサイトを通じ、被災地と首都圏に在住するドイツ人に対し、国外退避を検討するよう呼び掛けた。不急不要の用がなく、特に小さな子どもがいるドイツ人に求めている。

   京都大学原子炉実験所の宇根崎博信教授(原子力基礎工学)は圧力抑制室が損傷した可能性が高いことについて「十分に冷却が行われなければ、さらに放射性物質の放出が予想される」と懸念。さらに「結果論になるが、事故直後に海水に浸しておけば…」との見方を示した。

 4号機は大震災発生時に定期検査中だったため原子炉は冷やされており、「安全」とされてきた。その後、一転して使用済み核燃料を沈めるプールで水素爆発が起きた情報が飛び出したことにも「なぜ、爆発前に、水位や水温を情報公開しなかったのか」と公表までのタイムラグにいらだちを示し、不十分な情報開示に苦言を呈した。

 宇根崎教授は、把握された情報をタイムリーに公表し、全国の原子力の専門家に数値を提供するなど、「急激な事象の変化に対する英知を集める工夫が必要だった」と話した。

 九州大学の工藤和彦特任教授(原子力工学)も「水素が貯まることは予想できたのだから、爆発の可能性をあらかじめ伝えるべきだった」と東電を批判。「ただ、格納容器に損傷はあっても、圧力が残っている以上、一定の密閉性を保っているのでは」とみる。

 東電の体質がよく分る事件

1976年4月2日
 構内で火災が発生したが外部には公表されなかった。しかし田原総一朗に宛てた内部告発により事故の発生が明らかになり、告発の一ヶ月後東京電力は事故の発生を認めた。
1978年11月2日 3号機事故
 日本初の臨界事故とされる。この事故が公表されたのは事故発生から29年後の2007年3月22日になってからであった。
1990年9月9日 3号機事故
 主蒸気隔離弁を止めるピンが壊れた結果、原子炉圧力が上昇して「中性子束高」の信号により自動停止した。INESレベル2。
1998年2月22日 4号機
 定期検査中、137本の制御棒のうちの34本が50分間、全体の25分の1(1ノッチ約15cm)抜けた。
2011年3月15日
 在日米軍報道部は15日、福島第1原発で起きた事故で同日派遣した在日米軍ポンプ車が現地に到着後、日本側当局から支援を断られたことを明らかにした。

 もうお分かりですね。おバカな東京電力と同レベルの菅政権が指揮をとったら、なんでも国家機密になるんですよ。
 これほど国民の命を軽く見ている連中はいない。 

尖閣諸島問題の時と同じですよね。

 まず、問題を理解できない。
 対応能力が無い。
 隠し事をする。
 挨拶も会話も全然出来ない。
 責任感が無い。
 自分のせいにされるのを異常に恐れている。
 
 同じ脳みそがやってるのですから当然ですよね。
 
タグ:福島 大地震
posted by 大翔 at 17:59 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 3.11大地震 怪獣ゴヅラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)