2011年04月28日

諦めない捜索に感謝の声 インド隊が見つけてくれた 時代−徳永英明


時代−徳永英明


「ごめんなー、おっかあ。

見捨ててごめんな」


 東日本大震災の津波が、港から約1キロ内陸の高台にまで押し寄せた宮城県女川町の荒立地区。寒風が吹きすさぶ4月2日午後、10メートル以上に積み重なったがれきの中から運び出された遺体の顔を見た佐藤行義さん(38)は、むせび泣きながら母親、順子さん(59)の遺体を抱き締めた。自衛隊が取り組めなかった現場で作業したのは、今回初めて国外派遣されたインドの国家災害対策局対応部隊(NDRF)だ。

 佐藤さんの耳には、順子さんが津波に流されながら発した「助けてけろー」という叫び声が残り続けていた。天をつかむように必死に伸ばした順子さんの腕が、水面から突き出されたのを見たのが最後だ。

 土台だけが残る自宅近くに避難所から毎日通い、順子さんと祖父の石森慶治さん(87)の行方を捜し続けた。通り掛かった自衛隊に捜索を掛け合ったが、作業の事情などですぐにはかなわず、途方に暮れていたときにインド隊が現れた。日本人ボランティアから佐藤さんの事情を聴いたアロック・アスワティ隊長(41)は即座に捜索を指示。作業2日目で順子さんが見つかった。

 地元住民の要望に耳を傾け、諦めずに懸命に活動するインド隊の姿に、住民から感謝の声が相次いだ。(EX編集部/撮影:共同/SANKEI EX PRESS)

■□■

≪「感謝つづられたノート」は町の一員の証し≫


 東日本大震災の被災地、宮城県女川(おながわ)町で3月28日から救援活動を展開したインドの国家災害対策局対応部隊(NDRF)は4月8日、任務を終えてインドに帰国した。取材に応じたアロック・アスワティ隊長(41)は「被災者の情報だけを頼りに、行方不明者を捜索することは極めて難しい作業だった」と振り返る一方、それでも困難な活動をやり通せたのは「(被災者たちが)隊員に対し外国人としてでなく、地元社会の一員として接してくれたおかげだ」と話した。 
 救助隊員歴17年のアスワティさんさえ、被災した女川町の様子に言葉を失ったという。「ツナミにすべてが流された状態だった。あれほど悲惨な風景は見たこともなく、想像をはるかに超えていた」

 電気も水もない。寒さは厳しく雨にも降られた。がれき撤去や行方不明者の捜索はすべて手作業だった。

 「あるのは住民の証言だけ。それをもとに、津波が襲ってきた後、そして、引いた後を想定して場所を特定し作業した」とアスワティさん。行方不明者を捜す住民にとっても、少しでも情報がほしいインド隊にとっても、お互いがなくてはならない存在となっていく。

 ■「女川の復興信じてる」

 ある家屋は、津波によって乗用車が屋上に乗りあげていた。不安定な状態だったが、支柱で固定し「危険で難しい作業」(アスワティさん)を開始。そして悪戦苦闘の末、乗用車から男性の遺体を発見した。「お父さんです。お母さんも一緒にいたはず…」との家族の証言をもとに再び捜索し、母親の遺体も見つけることができた。

 根気はいるが、手作業がかえってよかった。遺体を傷付けることがなかったからだ。遺体発見後は必ず2分間の黙祷(もくとう)をささげた。全日程を通して7遺体を収容。がれきや泥に埋もれたお金や貴金属、家族写真なども発見し回収した。

 最終日の6日、活動を終えると、女川町の被災者たちから1冊のノートをプレゼントされた。英語と日本語で感謝の言葉がつづられていた。

 「やりがいを感じた瞬間でした」と顔をほころばせるアスワティさん。自分たちが確かに、町の一員だった証しのように感じられた。

 「女川は以前よりもさらに美しい町になると信じている。数年後に女川に行って、その復興ぶりをこの目で見るつもりです」

 (ニューデリー 田北真樹子/撮影:共同、AP/SANKEI EX PRESS)


天国の娘に「6年間頑張ったな」 石巻・大川小で卒業式 悲しい酒/美空ひばり
「大人は『もう戻れない』って…」原発避難の子、政府批判「必ず戻る」 出発の歌 上條恒彦
女の子の小さな宝物「サインして」「アメリカの人」「ずっとなくさないように」「なくならないもの」Joyful Joyful 第9歓喜の歌 / 平原綾香 「復興」長渕剛
「俺は父ちゃんだから、泣くのは『11日』だけ」  障害を抱えた長男の死  藤澤ノリマサの希望の歌
大川小であの日何が…津波から生還 教員「上に行け。上へ!」
「僕は泣かない。お父さんがいちばん悲しいから」
「ひとりになっちゃった」家族4人失った自衛官、思い秘め任務 明日 / 平原綾香
海一筋の夫へ「すまねえな」 生涯初の山暮らし、遺体名簿で捜す日々
「小さな遺体に涙こらえきれず…」法医学者が語る検視の現場
「怖い、怖い」泣きじゃくる園児30人、救った背中 大槌保育園
瓦礫の下から慟哭…生き抜く力を信じよう
おなかに赤ちゃん…凍る海「絶対に生きる」 6月に出産予定
「20歳の春にタイムカプセル」中学校で恐怖の夜、ろうそくで祝った誕生日
無数の悲しみ、現実は伝えられたか
泥だらけ遺体「少しでもきれいに」 福島・南相馬市 検視の警部補
命の限り叫び続けた 防災放送の女性職員、結婚式控え安否不明 母「頑張ったね」
女性も十数人…両親不明も「被災者である前に原発職員」
留守電に託すメッセージ 妻の携帯に毎朝「待っているよ」
写真とメールが物語る、黙して語らぬ自衛隊員の姿
「母さんはどこかで見てくれている」
悲しみと苦悩「死者1万人超」の現実
「ママのこと言わないで」救援物資ノートに不明母の絵、宮城の9歳女児
東日本大地震をまとめているNAVER からのお話。夫の最後の贈り物、指輪に誓う「娘と強く」

人気ブログランキングへ


posted by 大翔 at 09:54 | 青森 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 3.11大地震 怪獣ゴヅラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。