2011年07月20日

ひも殺人未遂事件は公開極刑が妥当ではないか。


 誰かがやると、真似猿たちの間ですぐに広がってしまう日本。
 無差別殺人なのですから未遂でも極刑でいいと思いませんか?
 日本の極刑とはもちろん死刑の事です。
 真似猿達には学習してもらわねばならないので、かつて民主党の千葉景子法相が見学していた死刑執行をNHKなどで報道し、学校で道徳の時間に見せて、しっかり教えれる必要があると思います。
 少しは教師のレベルも上がるだろうから一石二鳥になりそうです。
 何はともあれ権力者は国民の命を守るべきで、その基本は教育でしょう。


 大阪府東大阪市の市道で15日未明、自転車の女性会社員が道を横切るように張られた細いひもに接触し、鼻と首に軽傷を負った事件。河内署は殺人未遂容疑で捜査している。同様に道路にひもが張られる事件は、これまでにもしばしば発生しており、今回はひもが切れたため女性会社員は軽傷で済んだが、過去には死亡したケースもある。

 昭和59年、東京都葛飾区の公園で、オートバイの少年がナイロンロープに首をひっかけて死亡する事件が発生。公園の近隣の住民からは、「夜中に暴走族がうるさい」と苦情が出ていた。

 近年も、東京都武蔵村山市で平成21年8月、ミニバイクの女性が道路に張られたロープに接触し転倒、重傷を負った。この事件では警視庁が殺人未遂容疑で、近くの米軍横田基地に所属する米兵の家族の少年らを逮捕した。

 22年6月には愛知県豊川市の県道で、新聞配達アルバイトの男性がミニバイクで走行中、直径1センチのナイロン製ロープにひっかかって転倒し、一時意識を失うなど重傷を負った。



人気ブログランキングへ


タグ:死刑
posted by 大翔 at 12:08 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。