2011年10月01日

あと7日。この地球が猿の惑星になる日まで。猿の惑星:創世記(ジェネシス)

[猿の惑星] ブログ村キーワード

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 予告編


 猿が地球を支配するという悪夢を描いたSF映画「猿の惑星」シリーズの最新作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」がいよいよ10月7日に公開される。

映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』メイキング映像


 最新作は奇想天外のストーリーと衝撃のラストシーンで映画史に残る傑作シリーズの起源が描かれている。全5作からなるシリーズの第1作は1968年に制作された。
 人種差別や公民権運動など、時代を反映したストーリーで問題提起をしてきたが、新作は映画ファンにどんなインパクトを与えるのだろうか。

 さて、「猿の惑星:創世記」で「猿」を演じたのは、2005年に制作された「キング・コング」でコング役のアンディ・サーキス。「キング・コング」は1933年に初めて映画化され、エンパイアステートビルに上って大暴れした映像で有名だ。(SANKEI EXPRESS)


 ではここで、英語版ではありますが過去の作品を振り返ってみましょう。リアルで見ていた人なら「あっ、そうだったそうだった」と思い起こす事でしょう。

Planet of the apes 1 (1968) - Trailer


Planet of the apes 2 (Beneath the Planet of the Apes) [1970] - Trailer


Planet of the Apes 3 (Escape from the Planet of the Apes) [1971] - Trailer


Planet of the Apes 4 (Conquest of the Planet of the Apes) [1972] - Trailer


Planet of the Apes 5 (Battle for the Planet of the Apes) [1973] - Trailer


Planet of the Apes (2001) Movie Trailer


Rise of the Planet of the Apes Full Trailer Official (HD)


 一作目のラストシーンはなんといっても衝撃的でしたね。
 話は変わりますが、実は、田舎に戻った時「ジーラとコーネリアスになっちまった」と嘆いた事が有ります。
 そして今は、如何に人間を育てるか研究中♪


人気ブログランキングへ


 ところで、猿の惑星:創世記(ジェネシス)を劇場で見るか否か。。。
 シリーズ中最も進んだ撮影技術であろうことは解るが、隙間産業的なこのストーリーどうでしょね。
 最近の洋画の傾向性を考えると、技術の安売り映画のような気がするんですよね。TVのロードショーまで待っても良いような気がしないでもない^^


猿の惑星 コンプリート・ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

新品価格
¥6,460から
(2011/10/1 01:04時点)



猿の惑星 BOX SET [DVD]

新品価格
¥19,999から
(2011/10/1 01:07時点)



猿の惑星 コンプリート・コレクション (特製フィギュア付) [DVD]

新品価格
¥17,800から
(2011/10/1 01:08時点)




posted by 大翔 at 00:37 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。