2011年10月25日

竹内真理子被告(37)マレーシアで死刑 覚醒剤持ち込み

 日本もこれくらいしないと無くならないのかもしれませんね。

 少なくとも減るでしょう。

 たばこの値上げより重要でしょう^^

 海外へよく行く方には常識的な話ですが、マレーシアでは覚せい剤に関して有罪は死刑以外ないのです。

 そういう事もちゃんと解った上で海外へ行きましょう。

 日本の常識が世界の常識とは限りません。


 覚醒剤を持ち込んだとして危険薬物不正取引の罪に問われた元看護師、竹内真理子被告(37)の判決公判が25日、マレーシアの首都クアラルンプール郊外の高等裁判所で開かれ、死刑判決が言い渡された。

 同国では一定量以上の薬物所持で有罪が確定した場合の法定刑は死刑。起訴状によると、竹内被告は2009年10月、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイからクアラルンプール国際空港に到着した際、スーツケースに覚醒剤約3・5キロを隠し持っているのが見つかった。

 竹内被告は知人の依頼でドバイを訪れた際、中東系の男性にスーツケースをマレーシアに運ぶよう指示されたと説明。中身は知らなかったとして無罪を主張していた。しかし、竹内被告が09年にドバイ−クアラルンプール間を複数回にわたって往復、大量の薬物を持ち込んだことなどから検察側は同被告が国際的な薬物取引に関与した疑いもあるとして追及していた。(共同)



人気ブログランキングへ
posted by 大翔 at 13:18 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)