2012年03月15日

昨日の地震はビックリですね。東日本大震災の誘発地震



 2011年3月11日の東日本大震災以来、震源地が関東方向へズレていると思っていたら、昨日は北も大きく揺れました。私の家では屋根の雪が落ちましたよ。恐らく、雪の重みと地震の揺れで崩壊した建物もあったのではないかと思われます。
 気象庁によるとM6.8ですが、日が沈んでからの長い揺れは怖いですね。3.11の恐怖が蘇ってしまうものです。停電に成らなかっただけでも助かりますね。
 津波注意報が発令され、八戸では即避難行動に移りました。他の港町でもそうだったかもしれませんね。八戸港で18時19分に20センチの津波を観測し、19時40分に解除されました。
 日本原燃によると、青森県六ケ所村の核燃料サイクル施設に異常はなく、東北電力によると、定期検査中の同県東通村の東通原発と宮城県女川町の女川原発も異常はないという。
 ・・・.png
 この後関東も揺れましたね。
 3.11のM9.0の余震とも関連地震とも言われますが、1年経っても落ち着かないほど大きな地震だったのだと、あらためて思いましたね。

・・・.png
 こういう国土に住んでいるわけですから、地震はいつ起こってもおかしくないとはいうものの、人類の知恵はまだまだ地震に勝ててませんね。
 雪国の建築基準も考え直した方がいいと思いますね。

 
 14日夜に起きた三陸沖と千葉県東方沖の地震は、東日本大震災の震源域のすぐ北側と南側で起きた。巨大地震の震源域の周囲は地盤にひずみがたまりやすく、地震が誘発されやすい。2つの地震はいずれも政府が警戒を呼び掛けていた場所の近くで発生しており、大震災から1年が過ぎても誘発地震への懸念が続いていることを示している。

 政府の地震調査委員会は昨年11月、大震災の震源域を取り囲む隣接領域で誘発地震の恐れがあると発表。14日の地震は、いずれもこの隣接領域付近で発生しており、マグニチュード(M)6・8の三陸沖は「三陸沖北部から房総沖の海溝寄り」(正断層型)、M6・1の千葉県東方沖は「房総沖」の領域に近い。

 大震災は日本海溝から沈み込む太平洋プレート(岩板)と陸側プレートの境界で起きたが、三陸沖の地震は海溝のやや東側の沖合で発生した。太平洋プレートが沈み込む際に曲げられて割れ、津波が起きるアウターライズ(海溝外縁部)型地震の可能性がある。

東大地震研究所の纐纈(こうけつ)一起教授はメカニズムなどから、「大震災で誘発されたアウターライズ型とみられる。この付近で今後、さらに大きな地震が起きるかは分からない」と話した。

 一方、千葉県東方沖の地震は大震災の震源域のほぼ南端で発生。震源が浅いことからプレート境界型ではないとみられる。同研究所の平田直教授は「これまでの誘発地震の一つだ。この地震が首都直下地震の発生確率を高めるわけではなく、これまで通り備えておけばよい」と話した。

そんななか野田総理と民主党一年生議員達は

 野田佳彦首相は14日夜に茨城県南部と千葉県北東部で震度5強の地震があった際、民主党の衆院当選1回議員らと会食のため都内の日本料理店に入った直後で、そのまま1時間半にわたって会食を続けた。
 終了後に記者団から「地震対応で、どのような判断を」と問われると、首相は「情勢は常に聞いています」と説明した。


 「常に聞いています」だけでいいんですかね?
 この地震で1人の犠牲者が出ましたが野田総理はどう思ったのでしょう。
 「ふ〜ん」ですかね。
 民主党の衆院当選1回議員達は日本料理を頂きながら、野田総理の対応をしっかり学んでいたのでしょうね。




政治 ブログランキングへ
簡易放射線モニター はかるっち2


posted by 大翔 at 08:55 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 3.11大地震 怪獣ゴヅラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。