2012年03月19日

大連立大賛成!銀河の向うへ飛んで行け!


 野田と谷垣の密会から、今度は岡田が自民党と大連立という甘い蜜を差し出した。
 理由はカンタンです。権力の椅子から転げ落ちないように手を打っているだけです。次にポスト野田レース、そして脱小沢。
 野田の仲間と谷垣の仲間が大連立を組んで、銀河の向うへ飛んで行け〜♪


 消えては浮かぶ民主、自民両党の大連立構想。野田佳彦首相に続き、今度は岡田克也副総理が動いたが、消費税増税関連法案をめぐり紛糾する民主党の党内事情や、自民党内のパワーバランスを考慮せずに暴走したことによりまたも尻すぼみとなった。ただ、このまま膠(こう)着(ちゃく)状態が続けば、民主、自民両党ともに「何も決められない」という烙(らく)印(いん)が押されることは間違いない。(坂井広志)

 「自民、民主両党は外交や年金の考え方などで非常に距離がある。全部一緒にやるのは無理だ…」

 自民党の谷垣禎一総裁は18日、京都府宮津市で講演し、大連立構想をきっぱり否定した。2月25日の首相との極秘会談に続き、岡田氏の動きまで表沙汰になり相当バツが悪いらしい。

 「首相に会ったと風説を流布されたが、仮に会ったら『小沢氏は増税法案採決で反対すると言っているが、一体どうするのか』と聞きたい。『あなたの足元は液状化している。早く解散しないと何もできないうちに野垂れ死にしますよ』とも申し上げたい」

 谷垣氏は懸命に首相との会談を否定したが、その語り口は会談を再現したかのようだった。石原伸晃幹事長も「今ごろ何をやっているんだ。いつ沈むか分からない船で一緒に航海はできない」と切り捨てた。


 せっかくの岡田氏の努力も水の泡にみえるが、そもそも会談相手に自民党の川崎二郎元厚生労働相を選んだこと自体に疑問符が付く。

 谷垣氏の側近であり、自らと同じ三重県選出だったことから白羽の矢を立てたようだが、川崎氏の党内基盤は弱い。平成12年の「加藤の乱」の首謀者の一人だけに森喜朗元首相ら重鎮の心証は悪く、中堅・若手にシンパはほぼ皆無。これでは党内の調整能力はほとんど期待できないからだ。

 民主党でも岡田氏への批判が噴き出した。大連立の裏には小沢一郎元代表の「排除」がちらつくだけに話は余計にややこしい。

 「国民をバカにしている。許されない。消費税法案の党内論議の水面下で大連立を打診するなんてこんなバカな話はない!」

 小沢氏に近い山田正彦元農水相は18日、都内で記者団に怒りをぶちまけた。同じく小沢シンパの一川保夫民主党参院幹事長もNHKの番組で「党対党の議論をする段階ではない。賛成ではない」と断じた。

 輿石東幹事長も複雑な表情。18日夕、訪問先の沖縄県南(は)風(え)原(ばる)町で記者団に大連立について聞かれると「党内で議論していないし、首相とも議論していないのでコメントは差し控えたい」と言葉を濁した。

 岡田氏も焦りを感じているようだ。18日のフジテレビ「新報道2001」に出演した大串博志内閣府政務官にも「そういう事実はないからきちんとそう言ってくれ」と念を押した。

 それでも岡田氏は「ポスト野田」レースでは、前原誠司政調会長の失速もあり、最右翼を走る。次期衆院選後を見据え「パイプを維持したい」と考える自民党議員は少なくない。大連立構想は破談になったと考えるのは早計だといえる。




政治 ブログランキングへ
森の水だより 2Lペット 12本(2ケース)


タグ:大連立
posted by 大翔 at 12:43 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。