2012年08月05日

よく落ちるオスプレイについて、国民が知りたいのは乗心地じゃないでしょう。野田も森本もマスも、これ何の宣伝?


 この遊覧飛行にいくら使ったの?
 民主党って遊覧飛行好きですよね。かつては前原が北方領土見学飛行をし、菅直人はフクシマ第一原発旅行。何もしないのにですよ。何もしないどころか税金使って邪魔をしただけ。
 さすが野田が選んだだけあって、森本敏防衛相は菅直人のカイワレ試食感覚でこんなことやってるんでしょうね。民主党には人罪しかいないので民間から大臣を選んだ訳だが、同じ質の人しか選べないんだね。
 これじゃ〜、国民を馬鹿にしているだけだよ。


 米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイに試乗した。機体の揺れや回転翼の音は、想像していたよりも小さい。最大の特徴であるヘリコプターモードと固定翼モードの転換も、いつ回転翼を動かしてモードを切り替えたのか気づかないほどスムーズだった。

 3日夕(日本時間4日朝)、ワシントン郊外の国防総省。ヘリパッドにオスプレイが降りてきた。ずんぐりとした胴体と大きな主翼が際立っている。

 機内に入ると天井や側壁にはむき出しのケーブルがはう。側壁に沿って跳ね上げ式の座席が左列に12席、右列には13席並ぶ。

 「死傷者や民間人の退避も重要な任務だ」と隣に座った海兵隊員。担架は12床収容できるという。

 座席に腰を下ろす。向かいの人の足との間にはサッカーボールが1つ入るぐらいの余裕はあるが、航空自衛隊のC1輸送機に比べればはるかにコンパクトだ。

 「バシャ、バシャ」。回転翼が空気をたたくような音が少し大きくなったと気づいた瞬間、ふわっと機体が浮いた。

 機体後部の貨物扉は開いたままで、国防総省のヘリパッドがみるみる遠ざかっていく。20秒ほど上昇した後、前進を始めた。その間、揺れはなかった。

 側壁の衛星利用測位システム(GPS)の位置表示で北西に針路をとったのが確認できた。小窓から外を見ると回転翼が目に入る。離陸時には見えなかった。垂直離着陸のため回転翼を上に向けたヘリモードから前に傾けた固定翼モードに転換していたのだ。

 「モードが切り替わるのが感じられず、非常にスムーズだった」。試乗後、森本敏防衛相はそう語った。固定翼での飛行は速度がCH46輸送ヘリの2倍。ヘリモードより回転翼の音は抑えられ、飛行はちょうど海上自衛隊のP3C哨戒機のように滑らかだった。

 約30分後、国防総省から約50キロ南にあるバージニア州の「クワンティコ海兵隊基地」上空に着いた。

 ここでは、米軍普天間飛行場での運用を模した飛行を実演した。

 ヘリモードでみるみる高度を下げ、ホバリング(空中静止)に入ったかと思うと素早く着陸。「タッチ・アンド・ゴー」ですぐさま離陸し、30秒ほど垂直に上昇したときだ。「グッ、グッー」という音とともに機体底部の微妙な振動が足に伝わってきた。

 直後、機体は前部を上に45度の角度に傾くと、一気に加速した。身を乗り出して貨物扉を見ると、真下に見える風景がそれまでとは比べようもないスピードで切りとられていく。路上を走る車は点にしか見えなくなった。

(ワシントン 半沢尚久)


posted by 大翔 at 12:12 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0 ブログ内情報
最近のコメント
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by 大翔 (10/09)
豊洲問題 公明党の質問に対して「退職者含め責任明確に」 小池氏、処分に言及 by くま8 (10/06)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 大翔 (08/21)
四国の伊方原発の再稼働 愛媛県知事「福島とは同じことは起こらない」 by 福原一郎 (08/15)
血税に群がる蚊 by 大翔 (02/03)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。